37.5℃の涙出典:こちらを引用

7月より開始されるドラマ「37.5℃の涙」はフジテレビでは久々に視聴率が取れるかと期待されている
ドラマの一つです。タイトルからして何やら深いテーマのように思えます。
どういうストーリーなのでしょうか?

Google Ads

【あらすじ】

37.5℃の涙あらすじ出典:こちらを引用

37.5℃というのは子育てをしたことがない人にとっては関わり合いのない数字かもしれませんが
この数字にはある意味が隠されているのです。それは……ズバリ言ってしまうとこの数字は
子供の体温の数字で子供の体温がこの数字以上になると子供は自宅に帰さなくてはならないのです。
つまり保育園で預かるにはこの数値よりも低い体温でなければならないという事です。
子供を迎えに行かないとならないため例えその母親が仕事真っ最中だろうと
保育園に我が子を迎えに行かないとならないのです。
このドラマは子供を迎えに行かないとならない理由があるにも拘らず同僚からは理解されず
家族にさえ分かってもらえないそんな親たちをメインに描く物語です。

 

主役は杉崎桃子(演:蓮佛美沙子)という笑顔が苦手な元保育園の先生で上手く笑うことが出来ないと
いうことで保護者とのコミュニケートが出来ず契約を解除されたがその後訪問型病児保育「リトルスノー」で
働くことになり、子供が熱を出した時どうしても仕事から子供を迎えに行けない親に代わって
子供のお世話をする病児保育士としてその奮闘を描く。

 

ドラマでは主人公の桃子の成長と恋の展開が広げられる上司の朝比奈元春(演:成宮寛貴)、
シングルファーザーの篠原健介(演:速水もこみち)にも注目だ。

 

桃子の過去に大きく関わってくる実家杉崎家の母・富美子(演:浅野温子)、
兄・優樹(演:水上剣星)との確執が徐々に明らかになってくるのでこの家族との関わりも注目だ。

Google Ads

【原作触りの部分】

37.5℃の涙の原作

主人公杉崎桃子は笑顔が引き攣る病児保育「リトルスノー」に勤務。研修を終え初めて訪問するところから
物語は始まり依頼主はシングルマザー。預かる子供は名前を「海翔」と言い、
病弱で性格がひねくれている男の子。
だが徐々に桃子に心を開くその子供はある時37.5℃の熱を出してしまう。
その熱を出した段階で保育園には預けられずそうこうしているうちに海翔の容態は悪化し
病院に運ばれる事態となってしまった。その後母親が病院に駆けつけ難局を乗り切ったかと思ったが
その母親の言動に我慢が出来ずあることをしてしまい……
禁止事項に指定されていることをやってしまい……。

Google Ads