エイジハラスメント出典:こちらを引用

7月から武井咲さんの主演ドラマが始まります。内館牧子さん原作の「エイジハラスメント」をドラマ化し、
その主人公を演じるようです。テレビ朝日は最近ドラマの枠を減らしドラマ縮小という流れの中
起死回生となれるかという重要な戦いでもあります。
テーマが企業を舞台とした差別を題材にしているということもあり
話題性や波紋を色々な意味で呼ぶことは必至でしょう。
ドラマのあらすじはどのようなものになっているのでしょうか?

Google Ads

【あらすじ】

エイジハラスメント2出典:こちらを引用

主人公の吉井英美里は能力、向上心等仕事に関するパーソナルデータに加え容姿を併せ持った
将来有望なキャリアウーマンであった。将来を有望視されゆくゆくは役員や実権を握れるほどの力を
手にするであろうことは容易に想像できる。だが人生というのはそううまくいくものではなく
女性が社会進出するのが現代では当たり前となっているのは一定の企業のみで他は違う。
しかも彼女が配属となった総務課というところは旧体質人間が多く彼女の持つすべてを否定するかのように
ハラスメントの標的となってしまうのだ。企業が彼女に求めるのは能力や有能さではなく若さと美しさだけ。
彼女自身ゆくゆくは能力に見合った仕事をし、昇給、昇進し役員になりたいという夢を
持っていたがその夢も打ち砕かれてしまう。笑顔を見せるだけで頼みもしないのに
男性社員からチヤホヤされる英美里はハラスメントの標的になるのに時間はかからなかった……。

吉井英美里(演:武井咲)は総合商社の帝都物産の新入社員。実家の商売が失敗し
アメリカでのMBA取得という夢を諦め己の能力を評価してくれる企業に就職し役員になることを夢見る。
だが彼女が希望していたのは現場の繊維部門ではなく予想外の総務部に配属されることになる。
そこは何でも屋と称される課で電球交換から名刺発注までを行う雑用係の部署で
彼女が求めていた能力を発揮できる部署とは言い難い所に配属させられたことに
絶望を感じられずにはいられなかった。だがそこは社会人なので実家の借金を返すために
言われた仕事はしっかりとこなしていく。彼女が厄介なことと思っているのは仕事のことではなく
それ以外の人間関係である。彼女はコーヒーを飲まずOL達の輪にも入らず女性社員達から
和を乱す者として完全に目を付けられてしまう。しかし、男性社員からは評判が良く
仕事を与えてもらえるがそれのどれもが自分の能力等いらない所謂事務の仕事ばかり
それもそのはず彼らは英美里の能力を評価しているわけではなく若さと美貌だけが必要なだけで
能力を評価しての仕事など与えてもらえない「エイジハラスメント」に苦しめられていた。
だが英美里の苦悩など先輩社員に伝わることもなく
違う意味で伝わりかえって嫉妬を与えてしまい負の行動へと走らせてしまった。

Google Ads