AKB48渋谷ひかる
今年のゴールデンウィーク明けの5/10に第二回AKB48グループドラフト会議が行われます。
候補者49名が発表されましたがその中の一人である「渋谷ひかる」に話題が集中しています。
渋谷ひかるの友人と思われる人物がツイッターで彼氏とのツーショット写真を公開していたのです。
友人からしてみれば良かれと思って公開した写真が問題となっています。
AKB48グループでは基本恋愛禁止とされています。
それは例外なく今まで指原莉乃や峰岸みなみ等ペナルティを負ったのを見れば明らかです。
だがドラフト会議では加入前の恋愛、素行についてはどんな経験をしてようが問わないとされています。
つまりは正式にAKB48グループの一員になった後は恋愛禁止だがそれより前に関しては寛容に許し、
例えドラフト会議時に彼氏がいようと不問とするということのようです。なのでこの写真が原因でどうこうするというモノではないようです。
ですが話題性という観点では間違いなく知名度は急上昇したことでしょう。
では今回はその渋谷ひかりや写真流失についてとドラフト会議や恋愛ペナルティについて述べていこうと思います。

Google Ads

【渋谷ひかるについて】

3/1に候補者最終オーディションとなる3次審査が行われ11-21歳までのドラフト候補者49名の中の一人である渋谷ひかるは交際相手がいるのではとファンの間で話題になっています。
ネットでは、今回みたいに証拠写真が出てくれば別だが、悪意ある第三者がアイドルの友人を装い「○○は彼氏とラブラブだよね」とか書き込まれたら対処のしようがない」
今も昔もオタク以外アイドルなんかに興味ない
コレが現実ってことだよ。いい加減ドルオタは目を覚ませよ
起きてしまったことはしょうがない。これからどう挽回するのか
アイドルという商品になる以上は人間性を捨てなければならない、恋愛などもってのほか
引用:http://goo.gl/SJQc98

というコメントがあります。
この写真自体ドラフト会議候補者オーディション願書受付スタートした1月より前のため問題はなしとみられ、何のお咎めもなかったです。
はっきり言ってこういう話題で注目されるのは最も精神的にキツイ展開でしょう。
マイナスなイメージでファンから見られることになるのは必至だからリタイアしてしまうという可能性も
否めないです。AKBのファンというのはこういうものには厳しいという面もあり、峰岸や指原の例を見ても
明らかです。普通なら騒ぎが収まるまで黙っているのが良いのですが今回に限っては本人が辞退でも
しない限り無理だと思われます。渋谷ひかるにとってはキツイドラフト会議になることは明白でしょう。

Google Ads

【ペナルティを負ったAKB48メンバー】

秋元才加
広井王子氏と自宅お泊りデートでチームKキャプテン辞任その後卒業
 
石黒貴己
男性とのプリクラ写真流失でメンバー脱退。研究生セレクション審査が行われたがもちろん審査落ち。
 
HKT村重杏奈がジャニーズJr.阿部顕嵐と深夜密会報道
総選挙直後の6月、HKT村重杏奈とジャニーズJr.阿部顕嵐との深夜密会写真を週刊文春が報じた。村重はGoogle+で「めんたいこ・・・」「ご心配おかけしました。ごめんなさい。」と謝罪した。
 
NMB48渡辺美優紀が読者モデルとお泊まり報道
3月釣り師みるきーことNMB48渡辺美優紀がイケメンモデル藤田富とのお泊りを週刊文春に報じられる。藤田富には彼女がいるなど様々な情報が流れている。
 
NMB48島田玲奈が卒業を発表
2月、NMB48島田玲奈が卒業を発表。過去に男性とのプリクラキス写真、交際疑惑騒動を理由に2011年9月から謹慎していた。2012年1月より復帰していたが、今回の卒業発表となった。
 
峯岸みなみがスキャンダル謝罪で坊主に・研究生に降格
2013年1月31日、文春に出た合コン・スキャンダル記事について、youtubeで丸刈りにした謝罪動画を発表。その後、研究生への降格処分が発表された。
2013年8月、正規メンバー復帰とチーム4のキャプテン就任が発表された。
 
増田有華が脱退
AKBに在籍したまま宮本亜門の舞台に挑戦していたが、2012年11月、その舞台の共演相手のISSAとの熱愛・交際疑惑が報道され、「交際はしていないが、泊まったことは事実」と認め、スキャンダルの責任を取り活動辞退を発表し、脱退・卒業となった。
 
指原莉乃
2012年6月15日、過去の交際に関する文春のスキャンダル記事について一部事実を認め、ラジオ内で秋元康からHKTへの移籍が発表された。2013年4月28日、HKT48劇場支配人に就任。2013年6月8日の選抜総選挙でAKB48以外では史上初の一位を獲得、センターポジションに。
 
西川七海
2009年7月、男性とのプリクラ流出で解雇
その後、読者モデルとしてブログを再開
2013年5月、乃木坂46に加入し2期生として再デビュー
引用:http://matome.naver.jp/odai/2133978284647968701?page=2

これを見れば分かるように恋愛禁止を破ったのは一人や二人といった数人程度では収まらない人数が掟を
破っているのが現状です。これはメンバーの間ではそういうルールがあることは理解しているが
バレなければ別に恋愛しても大丈夫という認識があると推察されます。
でなければこんな大人数が恋愛禁止ルールを破るはずがありません。
AKBのメンバーは年齢層が10代が殆どを占めています。
その年頃というのは恋愛をして当たり前の年代と言っていいでしょう。
逆に言えばメンバー内で恋愛をしないというルールを真面目に守っている女の子は
存在するのかという疑問のほうが大きいです。
現実初期メンバーや知名度がある中核を担っている指原や峰岸は中心メンバーという
こともあり重いペナルティを負いました。
それを見ると中核であればあるほどペナルティは重く、その反対にそれほど知名度がない者は
脱退の道しかないと言えます。
はっきり言ってそれほど知名度がないメンバーは仮に抜けても
痛くも痒くもないといったのが正直なところです。
まゆゆや柏木といったAKBでも知名度があり、マスコミにも結構の頻度で登場している者ほど
貴重とされその分ペナルティも重い処分を負うことになります。

AKB48グループには恋愛禁止という重い掟があると理解して加入してくるのですから知りませんでしたという
見苦しい言い訳は通用せずプロ意識が欠けている非難されても仕方がありません。
そもそも恋愛ルールを破るのはAKB48全体に言えることですが甘く特別扱いされて活動しているという点も
恋愛に走る要因に否定できないと思われます。
普通に甘くされてなければプロ意識を持ちプライベートと仕事の境界線をハッキリすることが出来るので
こういうようなペナルティを負う事態には起こりえないと思われます。

Related Post

Google Ads