大島優子主演のドラマ「ヤメゴク」

来月の4/16木曜日21:00から放送を開始するヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~に
主演する元AKB48の大島優子に注目が集まってきます。

去年の秋から放送されている銭の戦争での演技が良いと話題になっている分初主演ドラマであるヤメゴクには注目が集まっているようです。

大島優子はAKBを卒業してからちょくちょくと女優の仕事をしておりますがどれもが
関係者から高評価を受けています。
AKBから卒業した者でAKB時代以上の活躍をしている人はいたでしょうか。
衝撃的だった前田敦子にしてもそれほど活動はメディアが取り上げていないという印象です。
スキャンダルでは名が出てくるものの映画やドラマで話題になったという印象はありません。
今回は大島優子の演技というテーマを題材に色々と話していこうと思います。

Google Ads

【大島優子の演技】

大島優子そもそも大島優子という女の子はAKB48では前田敦子がいる限りNO.2と言われ、
前田敦子が去ってからNO.1になったという印象です。所謂万年2位ということです。
そしてそれ以前の経歴ですが全くの素人というわけでもなかったのです。
活動自体は2006年からAKBに加入していますがそれより前の1996年から芸能活動は行っています。
つまり芸能活動自体は10年以上にも及び中堅芸能人となります。
といっても芸能界は芸歴が多ければ良いというモノでもなくその中身が濃いか薄いかも重要です。

大島優子はAKBに入る前子役時代があったそうです。
日本の芸能界の風習なのですが子役は大成しないと言われます。
子役はそもそも子役というブランドに価値がありますが、その子役が成長しては価値が薄れてきます。
子役というのは大抵中学を卒業するまでぐらいが言われます。
ちょうどその頃は人間の成長期のため身長や声、すべてが大人へと変わっていきます。
人間はサイボーグではないので成長を留めるなんてことはできません。
恐らくその子役での経験が今の女優 大島優子の成長につながっているのではないでしょうか。

ある情報では大島優子はあるドラマで共演した柴咲コウからダメ出しを受けたとされています。
発声から台詞のイントネーション等事細かに指摘されたらしいです。
それは単なるアドバイスというよりも厳しいイビリに近いことだったようです。
柴咲コウのほうが女優としての経験もキャリアも上であるためしょうがないと言えばしょうがないです。
これは2013年に放送していた「安藤ロイド」でこういうようなことが行われていたようです。
最もこれは何も記録に残っていなく関係者の話のため盛った話や事実を曲げて話している可能性もあります。
こういうことは良くある話なので。

だがそれらの情報を払拭するものとしてツイッターでは去年から放送されている
「銭の戦争」での大島優子の演技について賞賛する者が多数います。
演技が下手と思っている方はいないのではないでしょうか。
確かにこのドラマでは主役ではないためそれほど目立っていないのも事実ですが
それでも辛辣な評価をする者はいなかったです。

大島優子はSMAPと共演が多いのはある事情があるようです。
SMAPのマネージャーが大島優子をお気に入りにしているようでその推薦で共演していることのようです。
こういうことは良くあることです。
そもそもキャスティングというのはその担当者が気に入ったり
次のドラマのイメージとぴったりと思ったから起用するのですから。
この辺はそのようなことがあっても不思議ではありませんし、
そのような起用方法も行われているのが普通です。

演技の世界は昔気質の人が多く、礼儀と仁義を重んじる世界です。
この世界では、面識のある先輩の舞台初日には花輪を送ったり
観劇することが常識です。

via: 大島優子は演技が下手?評価は?銭の戦争抜擢に不満の声も | ハセオチャンネル.com

Google Ads

大島優子の性格は高飛車というウワサも

大島優子は自分よりも人気や主役級の人には愛想よく接して自分よりも格下の人にはそっけなく
接するという激しい接し方をしているらしいです。
これはAKB時代からそうだったのでしょう。AKBではテレビで良く見ると思いますが、
あの集団の中では特別扱いされます。

ライブや握手会で飲むペットボトルにストローをワザワザ手作業で刺して渡すという
面倒なことをスタッフがしています。それを見てもわかります。
相手により対応を変えていてはスタッフの心象も悪くなります。
ドラマを作っているのはスタッフであり、女優や俳優は単なる出演者に過ぎないのですから。
これから大島優子は女優の世界のことを勉強しなければならないと思います。
今までのAKBの常識は通用しないのですから。

Google Ads