Applewatch2010年、Apple社はiPadという製品を発表し世界に大きな震撼を与えた。これまで中途半端という印象が強かったタブレット。しかし、iPadのリリースはタブレットを日常的な娯楽の道具、はては教育や企業のプレゼンなどで有効に意思を伝える道具として世に浸透させた。
AppleWatchはその2010年以来、初めてAppleが世に出す製品カテゴリだ。スマートなウェアラブルデバイスとしてAppleWatchはユーザーにどのようなアプローチをかけてくるのだろうか。

Google Ads

AppleWatchの革新的な機能

AppleWatchにはこれまでとは一味違う機能が搭載される予定だ。

通話

Applewatchの電話その一つが通話や音楽再生との連携機能。iPhoneと連携することでAppleWatch自体が携帯電話回線にアクセスしなくとも通話が可能になるのである。

充電

Applewatchの充電充電には電磁誘導充電とマグネットによるMagSafeが使用されるようだ。つまり、充電ケーブルをAppleWatchの近くに寄せると磁力により、ピッタリと充電部に接続させて充電ができる。気になる電池持ち、一回の充電で連続使用可能な時間であるがこれについては未だどこでも言及されていない。1日1回充電が必要だというレベルだと、腕時計としては不完全に思える。一度の充電で3日間くらいは維持してほしいものだ。

音楽再生

AppleWatchは音楽を保存できるストレージが搭載され、AppleWatch単体でもBluetoothヘッドホンがあれば音楽を再生できるようになっている。しかし、AppleWatchは基本的にiPhoneとの連携が前提になっているので大容量のストレージが搭載されることに大きな期待は出来ないだろう。

Google Ads

AppleWatchの展望

これから一斉を風靡するのはウェアラブルデバイスである、というのはあちこちで耳にする。しかし、体に同化し存分に機能を発揮出来る革新的な製品を作り上げるのは難しいことであり、あのGoogleがリリースしたグーグル・グラスもあまり浸透しなかった。身に付けて邪魔にならない、多少邪魔だとしてもそれを補って余りある機能が小さなボディに詰まっているのが前提だからだ。世界が注目するAppleWatchがウェアラブルデバイスとしての先駆けとなるのか今後も目が離せない。

Google Ads