AppleWatchのコンセプトムービーのいち場面今年の4月に発売されることがわかっているAppleWatchだが、これまでに前例がないゆえにどのようなデバイスになるのか想像することが難しかった。
例えば、充電はどのようにするのか?通話はできるのか?などなど待ち望む機能は数多く有るだろう。そんなユーザーの購買欲を激しく刺激してくれるコンセプトムービーがついにAppleから発表された。このムービーを見ればAppleでどのような事ができるのか想像が膨らみ発売がより待ち遠しくなってしまうぞ!

Google Ads

AppleWatchコンセプトムービー公開

Google Ads

ムービーの一部抜粋

AppleWatchのデジタルクラウン
AppleWatchは横に付いているデジタルクラウンを操作することによって狭い画面でもより操作性をあげるようにしたようだ。ピンチが出来ない代わりにデジタルクラウンで画面の拡大・縮小ができる作りになっている。


AppleWatchの様々な機能のgif
狭い画面でもデジタルクラウンを活用したインターフェイスで直感的な操作性はそのままに、通話やメール、ライフログや天候などのデータも見ることが出来る。


AppleWatchのForceTouch機能を再現したgif
表面に感圧センサーを張り巡らせることで、指の圧力を細かく感知するForceTouch機能を備えている。ForceTouch機能により単純なタッチ操作にも様々な命令を与えることが可能になったようだ。


AppleWatchの充電時の画像充電にはMacBookで導入されている磁力で吸い付くMagsafeテクノロジーが更に使いやすいものに進化している。バッテリー持ちのほうはまだ確かな情報は出ていないが、アダプタを充電の差込口にはめ込むという動作はもう古いものになっていくのかもしれない。

AppleWatchは想像以上のデバイス

動画を見ていただけるとわかると思うが、想像以上に様々なことがAppleWatchで可能になることに驚いたひとも多いだろう。もちろんNewBoで抜粋は何箇所かはしたが、AppleWatchに搭載される機能はまだまだ数多く有る。
業界全体の不振が続くウェアラブルデバイス市場の革命児となるのか見ものだ。

Apple official site Applewatch Trailermovie

Google Ads