Apple Watch
Appleから発表され、多くの人が心待ちにしている腕時計型デバイスのAppleWatch。
携帯電話と同等かそれ以上に肌身離さずつけられる腕時計に形を変えAppleのテクノロジーは私達の生活に様々な便利さを提供してくれそうだ。ヘルスケアのサポートや高精細ディスプレイ搭載でまさにハイテクを凝縮したようなAppleWatchであるが、どうやら防水機能が現段階では乏しいようだとの最新情報が飛び込んできた。

Google Ads

AppleWatchはスイミングやお風呂の前には外してください

For example, the Apple Watch is water resistant. Sweating, wearing it in the rain, washing your hands, or cooking with it are fine. Take it off before you swim or get in the shower, though.

via: Apple Watch Update: More Details and Hands-On Impressions

こちらの記事、海外版Yahooのテック・ニュースでAppleWatchの更に細かいディテールが公開された記事にある一文。
「AppleWatchは防水機能を備えています。汗をかいた場合や雨に濡れた時、また料理するときや手を洗う時でもAppleWatchはつけたままでも大丈夫です。でもスイミングやシャワーを浴びる前には外してくださいね。」
と記述してある。つまり水しぶきや少量の流れ落ちる水にはある程度耐えられるが、AppleWatchを水につけたり大量の水に浴びせると正常に作動しなくなる(故障する)可能性があるということだ。

もちろんAppleWatchを買う予定の人全てが、水に浸かる時やお風呂の時にAppleWatchを身に付けておかなければいけない必要性は無いのだが、ビジネスマンやアウトドア好きの人にはコレは残念なニュースに感じてしまうだろう。
しかし、できるだけ多くの人により良い満足感を与える製品を作ることが信条のApple社。もしかしたら今後防水機能を強化してくれる、かもしれない。

image source:apple.com

Google Ads