有村架純と能年玲奈出典:こちらを引用
出典:こちらを引用

有村架純さんと能年玲奈さんは何と言ってもNHK朝のテレビ小説「あまちゃん」でブレイクしたことは
誰もが知ることと存じます。ですが有村さんのほうがテレビやメディア露出は能年さんに比べ
多いと思った人がいるのではないですか?普通の考えで主役を演じた能年さんのほうが
活躍していてもおかしくはないと思いますがある意味謎が発生してしまいました。
今回はこの二人に焦点を当てて話していこうと思います。
一体何がこうも天国と地獄を分けてしまったのでしょうか?

Google Ads

【売れ方】

売れ方出典:こちらを引用

まず能年玲奈さんに関しては事務所の方針が間違っていたと思った人も多かったはずです。
「あまちゃん」が放送終了した辺りから普通ならこれまで朝ドラに集中していたためこれからは
仕事量も増えてメディアの露出も尋常でないぐらいあるのかと思いきやそれほど露出していなかったです。
これは本人というよりも事務所のほうでNGやイメージに合わない等を連発し、
露出機会を失いチャンスを逃がしたと言われています。そして次回作は「ホットロード」という映画でしたが
迷った末にこれはファンからは失望されるのも頷けます。
そして方針が自棄になったのかバラエティ番組に頻繁に出演し、女優なのに普通のタレントに
成り下がってしまいました。その後「海月姫」という漫画が原作の映画に主役で主演をしましたが
個性的すぎる役を演じたとして宣伝のためバラエティ番組に出演していましたが
興行収入もそれほど伸びなく苦戦を強いられていました。

有村架純さんは能年さんに比べ「あまちゃん」出演後ドンドンと数撃てば当たる如く
連続ドラマに続々と出演し、知名度を上げ、それらの効果で名のあるCMにも出演していきました。
これは事務所の方針が明らかに差が出た結果となりました。
能年さんのほうはスタッフが慎重し過ぎたため露出が控えめになってしまい、
方向性が分からなくなってあらぬ方向へと進んでしまいましたが、
それに比べ有村さんのほうはというと主役級に絞らず脇役でも出演し、
知名度と共に好感度も上昇したという結果を招きました。二人の決定的差は「あまちゃん」のイメージを
払拭できたか否かだったと思います。能年さんはあまり露出がないため
どうしても「あまちゃん」のイメージがまだ思い浮かんでしまうのに対して有村さんは
たくさんのドラマや映画に主役、脇役に関係なく出演しているため
すでに「あまちゃん」のイメージは払拭され、新たな女優としてのステージへと上がっているのです。

Google Ads