浅利陽介出典:こちらを引用

浅利陽介さんといえば何を想像しますか?

恐らく名前を聞いたぐらいでは何も思い浮かびませんが出演作品をいくつか見れば
あ~あの人かとすぐに分かるのではないでしょうか。この方は主演と呼ばれる主役級には
あまり出ていませんが脇役としてインパクトを与えている個性派俳優の一人です。
きょうはこの方について話していこうと思います。
顔は良くドラマや映画で見るけど一体どういう経歴の持ち主なのでしょか?

顔もそれほど崩れていないので普通に彼女や結婚してそうですがそこらへんはどうなのでしょう?

Google Ads

Profile

浅利陽介のプロフィール出典:こちらを引用

  • 名前:浅利陽介
  • 生年月日:1987年8月14日
  • 出身:東京都
  • 所属:ビーコン・ラボエンターテインメント
  • 身長:
  • ブレイク作品:162cm

ドラマデビューは1999年の連続テレビ小説「あすか」のヒロインの相手役の少年時代役でした。

2001年の人気昼ドラマ「キッズ・ウォー3」での不良少年の一平役で出演しこれが彼を全国区へと
ステップアップしてくれたドラマだと言われます。
彼を思い浮かべるという点でこの作品が一番ピンと来ると思います。

出演作品は挙げたら切りがなく数多くのドラマや映画に出演し脇役として彼を知らない人は
いないとまで顔を見れば分かる俳優です。

Google Ads

彼女や結婚

彼の恋愛事情と言いますかプライベートはどうなっているのかですが付き合っている女優や
モデルがいそうですが現在彼にはそれらしき女性の影はありません。
俳優としてキャリアを積んでいるという事もアリ誘惑も多いと思いますが浮いた話と言うものは
ほとんどなく仕事一筋という感じがします。

これは個人的意見ですが仮に付き合っていた事実があっても気づかれないのではと思てしまうでしょう。
これが主役級の俳優さんなら一発でバレそうですが彼の場合インパクトが
それほどあるという顔立ちはしていなく地味な顔をしているせいで
一般人と間違われてしまうのではないでしょうか。

演技力

浅利陽介の演技力出典:こちらを引用

彼はこれまで数多くのドラマや映画に出演した経歴を持つためさぞかし演技力が凄かったり
評価が高い俳優さんと思われる人がいると思いますが実際はそれ程演技の才能があったり
魅了するといった俳優さんではありません。そういう能力があるなら主役級に抜擢され
もっと注目されていてもおかしくはありません。

彼の場合演技は下手ってわけではないが上手いと言うほどでもない言い方失礼ですが
普通の演技をする俳優ということでしょう。

ではなぜこれほど数多くの作品に出演できるかですがそれは彼が個性的な演技をする所以だからです。

俳優や女優には2種類の分類に分けることが出来ます。

一つは主役ONLYの人と、脇役ONLYの人です。

二つの種類にはメリットデメリットがあり主役しかやらない人というのは脇役で出演しても
目立ってしまい脇役が主役と化してしまいます。その逆もしかりです。

彼の場合は脇役しかやっていなく主役を殆ど演じたことがないがその脇役の演技が個性的で
一層主役が目立つという事で評価されているのです。

コレの例を挙げるなら【HIRO】で一躍有名になった田中要次さんや【孤独のグルメ】で有名になった
松重豊さんが挙げられます。これらの方は主役級ではあまり能力を発揮しませんが
脇役になった時その人が持つ味を出すことが出来ます。

 

Google Ads