バカリズム出典:こちらを引用

芸人のバカリズムさんが意外な才能を発揮していることを知っていますか?

それはドラマの裏方である「脚本家」としての才能を開花させているらしいのです。
バカリズムさんと言えばフジテレビのCSの番組で解散が決まっている「アイドリング」と
一緒に出演しています。この番組に出て以降ドンドンと有名なバラエティ番組に出演することになり
今では売れっ子芸人の仲間入りを果たしました。しかし、なぜバカリズムさんは脚本を
書こうと思ったのでしょうか?今ではビートたけしさんや松本人志さんが映画監督の才能を
発揮するといった芸人以外の才を異分野で披露する時代になりお笑い芸人がバラエティ以外のところで
活躍することなんて珍しくないのですがあまり脚本が書けるといったイメージがないため
疑問に思った人がいることでしょう。どういう経緯で脚本を書くことになったのか?

Google Ads

【脚本を書く動機】

バカリズム2出典:こちらを引用

初めて脚本を担当した番組はフジテレビ系のドラマ「素敵な選TAXI」です。
主演の竹野内豊さんはこのバカリズムさんの脚本の出来をべた褒めしており細部に至るまで
書かれて脚本としては大満足だったらしいです。

脚本を書く動機は不純で女性タレントからチヤホヤされたかったからというただそれだけのようです。
ですが書いてみた所ウハウハなイメージをしていたらしいのですがモテているのか分からないのかが
分からなくなってきていると零しています。

「素敵な選TAXI」が初めて脚本を書いたように思えますが初めてではなく
その前に同局の人気シリーズの「世にも奇妙な物語」で1話だけ脚本を担当したことがあります。
来生不動産」というタイトルのものらしいのですが内容としては
病気で亡くなった主人公が不動産屋で「来生」というものを買ったのですがどんな動物に生まれ変わるのかを
決めるというドラマです。芸人が脚本を書いたとは思えないほど面白くコントの延長線上の物語と感じさせ
高評価を得られました。その後の脚本家としての仕事はこのドラマの出来が良かったため
オファーがあったのではと思います。

Google Ads

【発想はどこから?】

バカリズムの頭出典:こちらを引用

彼はコントの設定については発想力を働かせて生み出しているとインタビューで言っています。
例えば家に日本地図が貼ってあったら北海道だったらというように想像を膨らませふとした時に
面白い設定が思いつくらしいです。これは歌手が歌詞を書くのと似ています。
ある歌手は自宅のあらゆるところに行き思いついたことを紙に書きそれを詞に仕上げるらしいのですが
バカリズムさんが脚本を作る時と似ているのではないでしょうか?

元々バカリズムさんは映画学校の俳優科を卒業しています。時々ドラマにチョイ役として出演していますが
別に俳優を目指しているわけではありません。芸人であることを第一に考えて
勉強と思いそういう活動もしています。
ドラマには脚本家もいる為その勉強も兼ねての出演ではないでしょうか。

Google Ads