車の画像
春の季節となりつつある3月。

高校生から大学あるいは社会人へと成長する方にとっては暇になる時期ではないだろうか。この空いた時間を利用して自動車免許を取得するという方は結構いるのだ。
新学期や働き始めたら時間や暇を作るということが出来なくなるからだ。4月から夏にかけては新入社員や新1年生は何かと学業やその他に忙しくなり免許を取るために教習所に通うという時間を作れなくなるのが現状だ。
なので卒業の前から入学、入社の前までに自動車免許を取得して新生活を迎えるという学生がいるのだ。そのため教習所ではそういう学生のために割引やサービスをしているところも多々あるのだ。

実際AT限定免許とMT免許ではどちらが免許取得を目指す学生には人気があるのか調査した。
これから免許を目指す学生や社会人の方は参考にして免許を取得するというのも良いのではないだろうか。

Google Ads

【AT限定とMTどちらが人気か】

下記は社会人を対象に免許取得者がAT限定免許とMT免許どちらで取得したかパーセンテージで表したものだ。

    • AT限定 184人(43.6%)
    • MT(マニュアル) 238人(56.4%)

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/9836394/

この結果を見るとMTのほうで取得する人のほうが若干多いことがわかる。だがAT免許が出始めた時のような極端な差はないと思われる。
今の時代MT一択というものでもなくAT限定で取得する者もいるということだ。

【理由】

AT限定

・なるべく簡単に運転したかったので(女性/34歳/商社・卸)

・教習所のお金が安い(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)

・普通車はほとんどAT車なので(女性/33歳/その他)

・免許を取っても車に乗らないつもりだったので、簡単なほうで取得した(女性/40歳/情報・IT)

MT

・仕事上必要になると思ったから(男性/42歳/商社・卸)

・見栄。でも、実際役に立ったこともある(男性/33歳/商社・卸)

・友達のほとんど全員がマニュアルでとっていたから(男性/33歳/学校・教育関連)

・マニュアルは運転しないが、万が一に備えて(男性/25歳/金属・鉄鋼・化学)

・AT限定免許だとかっこ悪いから(男性/37歳/金属・鉄鋼・化学)
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/9836394/

人それぞれと言えばそれまでだがその人にとってメリットがあるほうを選び取得するようだ。
ではどういうメリットがありどういうデメリットが各スタイルにはあるのか説明していこう。

【AT限定のメリット】

まずAT限定の場合運転が簡単なことだろう。コレがAT限定を選ぶ人の一番の理由となる。

一度クラッチ操作をした人なら経験で分かることだがMTとATの差はクラッチの有無にあると言っても良いぐらいだ。このクラッチ操作に苦戦し、教習時間の規定時間を大幅にオーバーして取得する者やMTからATへとチェンジしてATで取得するという者もいるぐらいである。
ワザワザ車を運転するのに難しい道を通る必要はないのだ。なら運転操作が簡単なATを選ぶ人が多いのではないだろうか。
そしてまずアクセルとブレーキしかないので誰でも操作が簡単でATで運転操作が難しいという事態に陥ることは考えにくいのだ。ほとんどの者は規定時間通りに進むのが殆どだ。

そしてエンジンストップ(エンスト)がないということだ。これは運転しやすい要因の一つではないだろうか。
MT車はクラッチと並びこのエンストが嫌でATに変更するという人がいる。教習時クラッチ操作でエンストしてしまい苦い経験をしたという方もいるだろう。だ
がAT車はこのエンストがないのだ。なのでストレスなく車の運転が出来るという点もAT限定が選ばれる理由ではないだろうか。

【AT限定のデメリット】

AT限定は運転が簡単という反面デメリットが数点あるのだ。

それはクリープ現象ということが起きるということだ。このクリープ現象とはなじみがない人には分からない言葉だがギアでD(ドライブ)状態でブレーキを踏んでいないと自然と前に進んでしまうということだ。初心者の頃はこれを忘れて軽い事故を起こしてしまうのだ。

そして少し燃費が悪いという点だ。自動ギアチェンジするAT車は手動でギアチェンジするMT車に比べどうしても燃費では劣ってしまう。
昔ならこの燃費が問題になったが現在では技術も上がりMT車と変わらない燃費が向上したのだ。高速道路ではむしろMT車よりもAT車のほうが燃費が良いぐらいだ。

【MT車のメリット】

運転が楽しいこれに尽きるのではないだろうか。

AT車ではギアは自動でチェンジされ面白味もなかったがMT車は手動で自分でギアを操作しないとダメなのでその操作が楽しいという運転者もいるのだ。
このギアチェンジをしながら運転するということが面白くてMT車に乗るという人が結構いるのだ。
両手両足で運転するというロボットを操作するような感覚を味わいたいという人はMT車がおススメだ。

そして燃費が良い点だ。今でもAT車と言えば燃費が悪いと思っている人もいるぐらい燃費に関してはコチラが上だ。
燃費が良いということはどういうことかというと無駄なガソリンを消費せず車を走らせることが出来るのだ。つまりはガソリンを節約して効率良く運転が出来るということだ。これは大きいだろう。
最近ではガソリンの価格は落ち着いてきたがいつこのガソリンの価格がグンッと上がるか分からないのだ。そのため節約という点ではMT車のほうに軍配があがるだろう。
MT車を自分の手足で自由に扱えるようになれば無駄なエネルギーを使わず必要なエネルギーのみ使用して運転が出来、そもそもMT車はAT車に比べ軽い作りになっているので効率運転が可能なのだ。

【MT車のデメリット】

運転が難しいや面倒くさいが初めにくるだろう。

両方経験したことがある人は理解できるだろう。圧倒的にATのほうが操作しやすいのだ。MT車は両手両足を使わないとならないため運転が難しいのだ。ATの場合両足はブレーキとアクセルに使うがギアチェンジは自動でしてくれるのでone操作で変わるから両手は基本ハンドルを握っていれば良いのだ。
そして渋滞の時は少し進んで止まりを永遠と渋滞が終わるまで続けないとならないためその度にギアチェンジをしないとならないため面倒くさくなってくるのだ。教習時間もATコースに比べ3-4時間前後多くカリキュラムされているのが殆どなので料金を高く払わなくてはならないことが多いのだ。

Google Ads

【これから免許取得に向けて】

これから車の免許を取得しようという人はどちらか迷っているならAT限定が無難だ。

別に仕事で使うことが前提でMTで取るというなら話は別だがそれ以外で普通に移動手段としてAT車を運転するというならAT限定で取得することを進める。もし海外で運転する機会があるあるいはそうしたいという人はMTのほうで取得することを進めます。

理由は海外の車はMT車がAT車を上回るのが現状だからだ。
普通に会社や買い物に行く移動手段で車に乗るという人はAT限定で取得するほうが経済的で良いだろう。

Related Post

Google Ads