エベレスト神々の山嶺出典:こちらを引用

来年の3月に公開される「エヴェレスト 神々の山嶺」主演は岡田准一さんで注目されています。
この映画はエベレストをテーマにしているせいもあり本当にエベレスト登頂をしたという事で
そのリアルさも魅力になっています。気になるのはストーリーの内容でしょう。
どういうストーリーになっているのでしょうか?キャスト陣はどういう役者の方が
出演するのか紹介しましょう。

Google Ads

内容

エヴェレスト神々の山嶺のネタバレ出典:こちらを引用

主人公の深町誠はネパールの首都カトマンドゥを当てもなく歩いています。

訪問は4度目で今回は登山隊のカメラマンとして訪問しています。

メンバーは7人で平均年齢は47歳と高齢な登山隊です。

なぜこんなところにいるかと言えば深町は無名のカメラマンで知り合いの編集者からヒマラヤの写真集を
出さないかと誘われます。深町は当時恋人とも関係が崩れ仕事に生きようとした矢先だったため
起死回生にやってみようと思っていました。

しかしその編集者からはある条件を出されます。その条件とは

エベレスト登頂に成功すること

エベレスト8500m付近で下山していたメンバー二人が悪天候の為
急斜面に足を滑らせ亡くなってしまいます。

計画は失敗に終わり深町以外のメンバーは日本に帰国するが深町だけは
この土地に残留するという選択を選んだのです。

ふと街中で一軒の登山用具店に入る深町

そこは暗く狭くとても商品を売る環境という場所ではなかった。

深町はふとあるカメラが目が留まる

それはコダック社のカメラで現在では製造中止にされたレア物であった。

なぜこんなところにあるのか?と疑問と共にコレの所有者について考え始めた

1924年6月8日にエベレスト登頂付近で亡くなったイギリスの登山家ジョージ・マロニーのもので
カメラのフィルムにはその登頂を証明するフィルムがあるかもしれないと考えに至る。

これが証明されれば歴史的快挙になると考え迷わず購入することに。

しかしそのカメラをホテルにて盗まれてしまう。

カメラの行方を追っていくと毒蛇の意味を持つビカール・サンという日本人に辿り着く

このカメラは元々ビカール・サンの所有のものでビカール・サンから盗まれあの店に売られていたらしい

ビカール・サンは伝説的登山家の羽生丈二で演じるのは阿部寛

一度日本に帰国した深町は羽生がエベレスト登頂の際最難関とされるルート南西壁の冬季単独登頂
計画していることを知る

人生の目標を失っていた深町は新たな目標を見つけた

そして改めてネパールに入国するが彼を待っていたのは日本人の常識を遥かに超える場所だった。

Google Ads

キャスト紹介

深町誠:岡田准一

岡田准一出典:こちらを引用

山岳史上最大の謎に魅入られたカメラマン

羽生丈二:阿部寛

阿部寛出典:こちらを引用

史上初の挑戦に取り憑かれた孤高のクライマー

岸涼子:尾野真千子

尾野真千子出典:こちらを引用

羽生との登頂中に事故死した兄を持ち羽生の恋人

宮川:ピエール瀧

ピエール瀧出典:こちらを引用

深町の上司

井上真紀夫:甲本雅裕

甲本雅裕出典:こちらを引用

羽生の山岳仲間

岸文太郎:風間俊介

風間俊介エベレスト出典:こちらを引用

羽生の後輩で涼子の兄

長谷常雄:佐々木蔵之介

佐々木蔵之介出典:こちらを引用

羽生のライバルで天才クライマー

Google Ads