福士蒼汰の顔写真2014年のネクストブレイクで俳優部門の第一位に輝いた超売れっ子俳優の福士蒼汰。2013年のNHK連続小説「あまちゃん」で一躍話題となり、その後は2014年7月公開の映画「好きっていいなよ。」や、10月から放送されたドラマ「今日会社休みます」では同じくブレイクしている女優綾瀬はるかの恋人役で出演し、メディアと世間の注目を浴びた。
しかし、テレビやスクリーンを通していない彼は一体どのような人物なのだろうか?気になる人も多いはずだ!

Google Ads

出身高校

福士蒼汰といえば主演映画「神さまの言うとおり」がローマ映画祭で特別賞に輝き、現地でイタリア語と英語でスピーチしたことがきっかけとなり彼は一体どのような学歴を経て今の語学力を身に付けたのか?というのが話題になった。


この動画の発音、抑揚、感情表現でも分かる通り、明らかに彼は英語とイタリア語をある程度高い能力として身に付けていることが分かる。

そんな彼は大田区立出雲中学校から高校へは、東京都立目黒高校へ進学したようだ。目黒高校は共学の高校で偏差値は59、全国の高校4312校中970位と見るとかなり高めだが東京都内でみれば373校中150位とそこまで突出しているわけではない。
しかし、彼があそこまで流暢なイタリア語と英語を話すことが出来たのにはなんら特別な理由があったわけではない。もともとが語学に対しての学習意欲がとても高かったようなのだ。元来英語に対する感性は高く、中学生の時に英語でスピーチをした際に担任の先生に発音がとても上手だ、と褒められ英語が好きになったと語っている。
彼は日本人の英語学習にありがちな「英語をカタカナ発音する」という感覚がない。英語は英語の発音、口の動かし方で捉える事ができている。福士蒼汰が上記の動画のインタビューをしている際、番組に出演していたコメンテーター奈良橋陽子は彼の英語力を絶賛している。正しく発音できているのかな…という不安感はなく、感情を上手に英語に乗せることで聞いている側にもストレスなく入ってくるのだ。これは彼が俳優として人前に出てセリフを言う経験を積んだこその賜物だろう。

Google Ads

福士蒼汰のプロファイル

福士蒼汰「福士蒼汰」という名前で活動している彼だが実は本名ではない。彼の本名は福祉翔大(ふくししょうた)だ。
福祉翔大という本名で活動しても爽やかなイメージが有り何ら問題ないかのように思えるが、彼と同じ事務所には同じく俳優の松田翔太(まつだしょうた)がいる。名前の語呂や漢字がそっくりなことからの事務所の配慮、そしてより爽やかなイメージをふくらませるために蒼汰という芸名で活動しているようだ。
映画を見ていても感じられるが彼は身長が183cmある。日本人の男性の平均からすればかなり高い。彼は中学時代にバスケットボールをしており、その影響かと思われる。ちなみに体重は66kg。ん〜スレンダーだ。女性のドストライク!まさに理想の彼氏の体型だろう。
ちなみに中学時代はバスケットボールで身長を伸ばした彼だが、高校ではダブルダッチ部に入っている。ダブルダッチとはいわゆる長縄跳びのようなもので、2つの長縄跳びを駆使してパフォーマンスを競う。三ツ矢サイダーのCMでその腕前を披露していた。

彼女の噂

彼ほどのブレイク俳優なら数々のパパラッチが常日頃から熱愛彼女とのスクープ写真を激写する瞬間を狙っているだろうが、彼女がいる!という決定的な瞬間は撮られていないようだ。かつて共演した女優の能年玲奈や川口春奈、綾瀬はるかとの熱愛の噂が度々メディアで取り上げられるがどれも根も葉もない噂である。
実は福士蒼汰は役柄からか活発なイメージがあるが、かなりインドア派である。以前「私生活でオフの日は何をしていますか?」というインタビューに「自分の部屋にこもって、DVDを見るのにハマっています」と答えている。友達に誘われると外出するそうだが、自分から出かけることはあまり無いという。
特に大ブレイクした2014年はほぼ毎日睡眠時間が3時間ほどしか確保出来ず、オフの日は外に出て体力を消耗するのは避けたいのだという。彼ほどのモテ男でも彼女とのスクープ写真が取れないのは交際をするヒマさえもないのか、プライベートの時間が確保出来ないのが原因なのかもしれない。

この記事を見た人にオススメ!

松坂桃李は性格いいけどノリ悪い…名前でいじめ、高校時代は目立たず
TOKIO松岡昌宏が米倉など女優にモテすぎ!その性格と彼女とまな板の真相【動画あり】
東出昌大の演技が大根役者!?セリフが下手で棒読みなのは性格とのズレが原因

Google Ads