フラジャイル出典:こちらを引用

2016年1月から放送開始されるドラマ「フラジャイル」は新たな医療ドラマと注目を集めています。
今までの医療ドラマと言えば外科医や内科医といった表舞台が中心でしたが
今回のドラマは病理がテーマということで新鮮味ある医療ドラマとなっています。
このドラマは原作やあらすじはどんな感じなのでしょう?
そして気になるキャスト陣は誰が出演するのでしょうか?

Google Ads

あらすじ

フラジャイルあらすじ出典:こちらを引用

このドラマは月刊アフタヌーンに好評掲載されている漫画で現在も連載されている
人気漫画をドラマ化しました。テーマは病理という世界をリアルに描くという素人には
未開拓領域なためどんなドラマになるのか楽しみと思っている人もいます。

ちなみにこの漫画のタイトルである「フラジャイル」というのは壊れやすいという意味で
壊れやすい人間の身体と診断ミスで生死を分けるため病理医の責任の重さを表現しているらしいです。

主人公は岸京一郎で優秀な病理医です。病理の世界では顕微鏡が戦場と言われ
内科や外科医のように患者と対面することはほぼありません。
仕事内容は血液や細胞を分析し病気の原因、病名を把握することです。
表が外科医なら裏は病理医と表現されます。彼には絶対的自信があり彼の診断は正しく
病院も彼に頼っているところがあります。普通医師は8割正確な診断さえすればOKと言われますが
彼の場合100%と自負しており間違いの診断をするなんてことはあり得ないらしいです。
自分の診断を信じない医者がいれば病理データを集めその医師を論破して納得させてしまうらしいです。
岸アンチの医師でさえ彼の診断には一目置いています。

しかし岸は高度な病理技術を持っている為他の病理医へのプレッシャーも半端なく
彼と仕事をした者は続々と辞めていくのも珍しくありません。その中で生き残った臨床検査技師の森井、
岸の絶対的正義を信じる信者ルーキー医師宮崎を中心に物語は進んでいきます。

ある日大学受験に合格した女子高生影山花梨が病院に運ばれてきます。
担当した南波医師は頭部の裂傷、足の違和感から腰椎椎間板症と判断してしまいます。
その診断医違和感を覚えた宮崎は後で岸に

「アレは腰椎椎間板症ではありません」と言い

「彼女が転倒した状況を確認してこい」と宮崎にパシリをさせる

母親によれば崩れ落ちるように倒れたのだ。

岸の診断では「一過性脳虚血発作(TIA)」

しかし主治医の南波は腰椎椎間板症の検査をしている為一過性脳虚血発作(TIA)の検査のMRIは
撮ることが不可能の為荒業として南波が席を外した時を狙いパソコンからMRIの予約をやるということを
やってのけた。これは当然ながら病院の規則違反になるがそのおかげで正しい治療をすることが出来たのだ。

Google Ads

キャスト紹介

岸京一郎:長瀬智也

長瀬智也出典:こちらを引用

  • 優秀な病理医だが変人(嫌われ者)
  • 自分が納得しない診断をした医者に対して証拠のデータを揃えその医者を論破する
  • 白衣は着ない
  • 理由は着ていると患者に医者と勘違いされるから
  • 病院を歩いている時子供に質問をされ「おじさんはどこが悪いの?」と?性格と答えた

宮崎智尋:武井咲

武井咲出典:こちらを引用

  • 内科から病理に異動してきた新人医師
  • 患者を救いたいという熱い思いがある

森井久志:野村周平

野村周平出典:こちらを引用

  • 病理科唯一の検査技師
  • 優秀な人材
  • 岸が認める能力の高さ
  • 岸についてこれるだけの医療スキルがある
  • 臨床医になりたいと思いと現状とのギャップに苦しむ

中熊薫:北大路欣也

北大路欣也出典:こちらを引用

  • 岸の指導医で師匠

細木まどか:小雪

小雪出典:こちらを引用

  • 美人外科医
  • 岸とは大学時代の同期
  • 岸を信頼
  • 岸の過去を知る人物

Google Ads