芸能人というと我々はテレビやネットという媒体を通してでしか見ることが出来ません。
それは芸能人の表の顔です。人は表と裏の顔を持っていると言われています。
一般人でも芸能人でもそれは例外ではありません。
表では好印象なのに裏では最悪というようなことを聞いたことあることでしょう。
今回は芸能人の表では見られない裏のエピソードを見ていこうと思います。
ファンだったらショックかもしれませんが最後までご覧ください。

Google Ads

【わがままエピソード】

上野 樹里

ドラマや映画ではどうしても天然系っていうイメージを持っている方が結構いると思います。
それはドラマの役柄のためそう思ってしまいます。
女優さんという事もあるためあまりバラエティ番組に出ていないため
素の上野樹里さんを見たことがないという人が多いです。
この人はイメージとは違い、典型的な女優というように自分のドラマで
顔にテロップがカブってスタッフに抗議したというぐらいです。
しかもそのテロップというのが震災関連のものであったため普通抗議などしないです。
雑誌のインタビューでは取材中断りもなく自分勝手に席を立ち
勝手にトイレに行くなど自己中心的行動をとっております。
普通の常識やマナーでトイレに行く場合一言断ってから行くものです。

相武 紗季

あの大ヒットドラマ「家政婦のミタ」では主演じゃないのが
気に入らないといったオーラを出した演技をしブーイングされたことで有名です。
この人は番宣でバラエティ番組に出演することが良くありますが
素が垣間見れる時がありますがそれは表の顔で裏では衣装や弁当にケチをつけて共演者を困らせています。
そういう行動をとっていたためドラマの打ち上げでは周囲には誰も来ず孤立するということもしばしばで
続編では呼ばれないのではという関係者までいます。
相武さんはこれ以前よりも映画やドラマの現場でのわがままぶりがスタッフの間では
評判が悪くある田舎ロケでは「嫌い、虫に刺されるから」という
子供の様な言い訳で辞退するという事も珍しくはないようです。
テレビではできた娘さんと思われますがそれは表の顔で裏の顔は恐ろしくわがままな女優なのです。
現に相武さんの主演のドラマや映画は最近では見なくなりました。
これはスタッフに本性がバレて主役にあえてしていないのではないでしょうか。

川島 なお美

川島なお美さんと言えば愛犬家で有名です。ですがそれが仕事場まで持ち出しているのです。
あるワインイベントで犬を同伴された時犬は連れていけないと言われた時
そのイベントの主催者に犬をよろしくと言ってリードを渡して中へ入っていったそうです。
そもそもイベントとはいえ仕事に変わりはないのですから犬を連れてくるという考え方には至りません。
いかに自分が偉いかという自惚れがあるか分かります。
この人はペット禁止のマンションで平気にペットを飼っていて騒動を犯した過去があるため
常識外なことをするのはもうテンプレとなっているようです。
主催者は「もう呼びたくない」と泣きながら言ったそうですが
例え名のある女優でもあまり呼びたくはない人に違いはないですね。

浜崎 あゆみ

この人はぶっ飛んでいることで有名な人です。歌手なのでLIVEを頻繁にしますため航空機移動が多いです。
搭乗に間に合わないと思った時航空会社に離陸を遅らせるよう要求したようです。
一般人ならこんなことは通るはずありません。例え芸能人だとしてもこんなことできません。
航空機は浜崎あゆみさんのためにあるのではないのですから。
プライベート機なら大丈夫ですが他の乗客もいる為はた迷惑な客です。
そして搭乗しても迷惑にファーストクラスに子供がいることが気に入らないのか
CAに抗議するなどブラックリストに入れてもおかしくない人です。

そして歌番組のトリが自分でなくAKB48なのが気に入らなく
飛行機にワザと乗らなかったこともあるようでわがままの女王っぷりは健在です。

犬を数匹飼っているようで仕事場に連れてきてはスタッフに世話を任せるなど
自己中心的な行動をとることで有名です。
スタッフは別に浜崎さんの召使いではないのでこんなことする必要はないと思いますが
相手がビッグ歌手なので何も言えないのでしょう。

松嶋 菜々子

この方はドラマや映画撮影中はお肌のため普通の弁当でなく特注の弁当を毎回
用意するよう要求するようで専属の弁当ADを用意するぐらいです。
注文が多い料理店ならぬ注文が多い女優で有名な人です。
プライベートで出産した時はちょっと有名な病院だったらしく100万円は軽くオーバーするところで
床に落としたものを拾うのもナースコールを呼んで拾わせたぐらいです。
ハッキリ言って当たりたくない客です。こんな客を担当したら最後精神がボロボロになってしまいます。

長澤 まさみ

我がままなことで有名でドラマで共演した俳優の濱田岳(23)をドラマの役柄でパシリとして使ったり、
衣装が嫌だったり、ドラマでつけるアクセサリーが嫌だったりと
自分勝手にわがままを言いスタッフを困らせていました。

Google Ads

【まとめ】

女優というと一般人はお高く留まり嫌な印象しかないという人も少なくはないのではないですか。
そのイメージは正しいかもしれません。
女優というのはすべてというわけではありませんが大抵は噂の一つや二つは浮いてきます。
女優というものだけではないでしょうかこういうわがままを押し通せるのは。
俳優ではあの俳優はわがままだとは聞いたことがありません。
恐らく甘やかされてきたか、天狗になってしまったのでしょう。
ですがわがままな女優でも活躍していられるのが凄いと思います。
こういうスタッフに印象が悪い女優はもうキャスティングされないと思われがちですが
なぜか映画やドラマに出演しているのが現状です。

Google Ads