花燃ゆ出典:こちらを引用

現在放送中のNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率が最低を記録しています。
大河ドラマを見たことがないという人はいないと思います。我がNEWBO編集部の担当の社員も
大河ドラマは好みが出るようで好きなストーリーなら見るが嫌いなら見ないという人がいます。
今回の大河ドラマは結構見ていますが確かに数字に反映していないのが頷けるという方が多かったです。
なぜこう大河ドラマの視聴率が悪いのでしょうか?何が原因でこう低視聴率を記録し続けるのでしょうか?

Google Ads

【つまらない理由】

花燃ゆつまらない理由出典:こちらを引用

まず挙げられるのは主人公が無名すぎるということです。今までの大河ドラマは数多くの
戦国時代から幕末と名のある今で言う有名人に当たる人物に焦点が当たってきました。
今回の杉文ですがあの有名な吉田松陰の妹で後に長州藩士の久坂玄瑞の妻となると言った激動の幕末を
生きたとされていますがまずインパクトがありませんし、
吉田松陰が主人公ならまだしもその妹に焦点を当ててというのも疑問が残ります。
これは言うなら有名人の妹や兄に焦点を当てたのと同じです。
確かにこの人の周囲では歴史上の人物の活躍が見られますがこの杉文という女性を主人公としたところでと
いうのが正直なところです。脚本家の大島里美さんと宮村優子さんは無名の人物を主役にするという
マイナスをプラスに考えていたみたいですがそれが裏目に出た結果となりました。
まず大河ドラマの魅力はその歴史上の人物がいかに生き、墓に入ったかを見たいのであって
無名の人生を描いたところで見たいという気持ちにはなりません。

ストーリーがつまらないと思った人もいたことでしょう。
大河ドラマの醍醐味というのは歴史上の事件だったり戦だったり歴史の教科書なんかに描かれている
重大な事件を映像でどう表現されているのかが面白いのに
主人公が無名のためその醍醐味が生かされなくなってしまっています。

歴史の動きが感じられないという点。大河ドラマでは重大な局面というのがあり、
それは一番視聴者が食いつくタイミングでもあります。例えば「新撰組」の池田屋事件等が挙げられますが
これを例にとると歴史的事件のため誰もが知っているのでドキドキ感を味わいながら
歴史が刻まれているシーンを見るというので視聴者は釘づけになるのです。
今回のドラマではその歴史的事柄が軽視され視聴者は感じられません。
これは多くの人が言われているのですがホームドラマの様なエピソードが中心のため
歴史的事件や史実が重要視されず普通のほんわかドラマとなってしまったのです。
杉文という人間の中での重大事件が主であり、世間での重大事件をクローズアップしないという点が
批判の理由に挙げられます。

幕末に生きた志士の描写があまりないという点です。幕末の中心人物である吉田松陰、久坂玄瑞、
伊藤博文等の志士達が松下村塾に集まるシーンは視聴者はその豪華な顔ぶれに心躍ったことでしょう。
名のある歴史上の人物が一堂に会したのですから。ですがこのシーンは幕末において
描いても良いようなものだったのですが全く描かれず杉文の合図でご飯を食べ、
ふざけ合うシーンという絶望感を感じた視聴者もいたことでしょう。
ストーリーの軸は分かりませんがまず大河に求めていることを脚本家が何もわかっていないと思われます。
確かに恋愛もその時代あったのでしょうがそれを前面に出しては大河ドラマがつまらなくなってしまいます。
そういうものは他のテレビ局なりドラマでやってもらいたいです。
大河ドラマに恋愛を前面に出したストーリーなど求めていませんし、
求めているのは名のある歴史上の人物なりつわもの達が起こす事件や戦がどういうように描かれるのか
見たいのでそれでは視聴率が落ちて当然です。
主演の井上真央さんが謝罪していましたが主演という事もあり謝るのが筋なのでしょうが
これに限っては女優がどういうという事ではなく
ストーリーと脚本家が普通のドラマと勘違いしてしまったというのが原因だと思われます。

Google Ads