花咲舞が黙ってない出典:こちらを引用

日本テレビで7月から開始された「花咲舞が黙ってない」の視聴率が発表しました。
14.7%とドラマのスタートとしてはまずまずな数字を記録しました。
この時間帯はフジテレビがドラマを放送していたので直接対決し勝利したと言えるでしょう。
高視聴率をgetできた要因は何だったのでしょうか?そしてこのドラマは半沢直樹と
共通点があると言われますがどうなのでしょうか?

Google Ads

【半沢直樹との共通点】

半沢直樹との共通点出典:こちらを引用
出典:こちらを引用

舞台の銀行が一緒

半沢直樹が勤務していた銀行は「東京中央銀行」で花咲舞が勤務していたのは「東京第一銀行」で
この東京第一銀行は産業中央銀行が合併して東京中央銀行になったため実質的には同じ企業で
働いていることになります。これはドラマ同士の繋がりはありませんが
そういうことになっているため何か運命を感じます。

決めゼリフ

半沢直樹は有名なセリフ「倍返しだ!」という言葉がありますが花咲舞も決めゼリフがあり
「お言葉を返すようですが!」という女性らしい厳しい口調の言葉があります。
どちらも好戦的な態度を表す言葉として視聴者に受け入れられています。

Google Ads

高視聴率の理由

日本テレビ派

これはいると思います。最近フジテレビは視聴率が不振であまり見ないという人がいますが
日本テレビのほうは何も問題を起こしていないため自然とチャンネルを回したら
面白かったという人がいます。

変わらず

前作を見ている視聴者からしたらSeason2は何かしら仕掛けがあるのかと期待はしましたが
それほど大きなことはしなく変化がないといった感じでした。これは制作サイドが危険な綱渡りをするより
基本に忠実に描いたほうが安全と思って大きなことは何もせず制作したようです。
しかし前作と変わらないストーリーでは視聴者は飽きると思われます。
1話目は初回という事で数字が良かったですが2話以降何か仕掛けをしない限り飽きられ
打ち切りなんて言う話が出てきてもおかしくなくなってくるでしょう。

半沢直樹の女版に限界

半沢直樹の女版として前作は好評で視聴率も良かったため続編となり今回の制作になったことは
誰が見ても明らかでしょう。しかし続編というと大抵の人は進化していると思い見てしまうのですが
何も変わっていないと言うので劣化したのでは?と思う人もそう少なくはないです。

同世代の女性層の支持

花咲舞は女性支持が多い出典:こちらを引用

これが一番大きいと思われます。何の番組にしても女性層が多いことはどの番組でも同じで
ドラマの主人公が女性という場合その女性の支持層がより多くつきます。
今回の主人公は何の天才でもなく極々普通のOLが信念という武器を携え常に正しくありたいという姿勢を
変えず戦っていくというスタイルが共感を呼んでいるところも視聴率が良い点に上げられるでしょう。
今までのドラマで男性の主人公がこういうような姿勢で戦っているドラマはいくつかありましたが
女性という弱い立場でありながら戦う姿勢に多くの女性は支持したのではと思います。

Google Ads