ハリーポッター出典:こちらを引用

ハリー・ポッターの登場人物のその後って今どんな様な活躍をしているか気になりませんか?
作品ではインパクトを残したあの役者は現在どういう姿をしているのでしょうか?

Google Ads

【その後の彼らたちは?】

イバンナ・リンチ

イバンナ・リンチ出典:こちらを引用

映画の中では5作目である「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」からの登場でその容姿の可愛さもあって
人気が高かったです。出演した当時は14歳とまだ成長期の途中という事もあり
まだあどけなさが残る少女という印象を受けられました。彼女の作品に出演する際のエピソードとしては
彼女はハリーポッターの映画のオーディションが開かれるというのを知っていた彼女は
その当時原作者であるJ・K・ローリングさんに何度もファンレターを出したらしいのですが
その時アイルランドの小さな町に住んでいたようでこんな遠い所に住んでいる私には
受けることは不可能なのでしょうか?と相談めいたことを記した手紙を書いていました。
ですがローリングさんは自分もそれほど大きな町出身ではないので
気にせずオーディションに参加してという温かい激励の手紙を受け取ってオーディションを
受ける覚悟をしたそうです。

トム・フェルトン

トム・フェルトン出典:こちらを引用出典:こちらを引用

ハリーポッターのライバルとして人気が出たことでも有名なマルフォイ役を演じた人です。
容姿を見れば一目瞭然でこの人はイギリス出身で8歳の頃にオーディションで
ドラマの子役をGETしたことを契機に芸能界デビューを果たしています。
作品中は原作通り悪役にハマって賞まで取ってしまったぐらいです。
映画では主人公よりもこういう悪役やインパクトがある役を演じている人に注目が集まります。
ですがマルフォイが登場したのは小学校の低学年程度の年齢からの登場だったためその頃は幼かったですが
それから成長するにつれ劣化がしてきた感は否めないでしょう。
ですがそれでも容姿がイケメンなことには変わりないです。最近では親日家として震災の方への支援を
してくださったりと役とは真逆な良い人として現在も活躍されています。

ルパート・グリント

ルパート・グリント出典:こちらを引用
出典:こちらを引用

初期から最終作品まで完走した人の一人です。この人はオーディションに参加する際
自分で作ったプロモーションビデオを制作サイドに送ってロン役を手に入れたらしいです。
そのプロモーションには即興ラップから原作のロンの台詞読み、ロンのコスプレといったように
ロンになるためのアピールをした内容だったようです。初期の頃から参加しているという事もあり
資産も凄いことになっているようです。ハリーポッター自体日本だけでなく世界中で公開したという
こともあり莫大な興行収益を記録しているので俳優に入ってくるギャラも莫大となっています。
推定資産は約24億は固いとされています。
ちなみに上下には主人公のハリーポッター役のダニエル・ラドクリフさん、
ハーマイオニー役のエマ・ワトソンさんがランクインしています。
主役や脇役で初期から出演しているという事もありギャラが跳ね上がっていたのでしょう。

エマ・ワトソン

エマ・ワトソン出典:こちらを引用
出典:こちらを引用

彼女は10歳の時友人と遊び半分でハリーポッターのオーディションに受けて合格しています。
ロン役のルパート・グリントさんとは違いハーマイオニーがやりたくて応募したという事ではなく
記念という感じで受けてオーディションにドンドン通過してしまったという事らしいです。
オーディションは1回や数回程度ではなかったようでトータルで8回ものオーディションをして
選ばれたようです。彼女は2回程度でオーディションは終わり落ちて帰れると思っていたそうですが
ドンドンとオーディションを進むにつれ遊び半分で参加したのが恥ずかしく思い
徐々に真剣になり最終オーディションでは本気で役を取りに行ったみたいです。

彼女はギャラの高さも話題となっています。映画出演時のギャラは9億ドルと言われレート換算で
800億円稼ぎ10年間で4,000億円は稼いでいたらしいです。資産運用をどうしようか悩んでいるようで
不動産投資をまずはしているらしいです。これだけ稼いでいるのでさぞや豪華なセレブ生活を
送っているのかと思えば実際は違いそれほど贅沢な暮らしはしていなく堅実な生活を送っているようです。

そして大学にも通っていたようですがそこでハーマイオニー役を演じているということもあって
彼女が授業で発言をするとハーマイオニーの台詞を真似されていじめられたらしく
それで編入をしたと思われていますが本人はイジメで編入したのではなく
違う大学で学べることを求めて編入したと言ってます。

Google Ads