ヒガンバナ3話出典:こちらを引用

2話では元AKB48の川栄李奈さんが出演しその役どころにも注目が集まりました。
最後のDAIGOさん演じる謙人が渚の写真をボードにずらりと貼られているシーンで終わりました。
次の3話ではカリスマブロガーの事件ですが今回はネタバレについて話していきたいと思います。

Google Ads

3話のネタバレ

ヒガンバナ3話ネタバレ出典:こちらを引用

カリスマ主婦ブロガー早紀が新刊発売記念サイン会が行われ
そこで殺害予告の脅迫文が彼女の本に書かれていた。

渚と七課のメンバーは偶然その現場に居合わせ捜査をスタートすることに。

取材で来ていた謙人からのアドバイスもあり早紀だけでなく
カリスマ主婦ブロガー6人にも同様の脅迫分が届いていた。

6人のブロガーの身元を調べる過程で一人だけ素性が明らかになっていない人物が判明する。

それはいち葉というブロガー。

凛は彼女のブログから解析し現在地を特定することに成功する。

渚と雪乃はその現場へと向かったのだがそこで見つけたのは女性の遺体と検死中の知英の姿だった。

その女性の名前は雅子という地味で質素な派遣社員のOLで
カリスマブロガーという肩書からは想像できない姿だった。

渚は雅子の遺体にシンクロするが想像していたものとは違ったビジョンが見えた。

カリスマと評される彼女は穏やかな感情が読み取れどうしてもネットの世界での彼女の姿と
この目の前の姿はあまりにもかけ離れていた。

一課はカリスマブロガー連続事件として早紀の警備を強化するため
その任には渚と雪乃が就くことになった。

早紀には7歳の一人息子がおり渚はその息子にシンクロし彼の感情を読み取ることに成功するが
彼は寂しさを抱えていることを気付く。

カリスマブロガーという派手でセレブな世界にいる彼女らだがそこには一般世界では生まれるはずがない
歪んだ感情が存在しそれが悲劇へと駒を進むことになったのはなぜか?

3話はカリスマブロガーに関する事件です。これもなんてことはない事件なのですが2話の最後に
伏線としてDAIGOさん扮する謙人が渚の写真をボードに貼り付けストーカーみたいなことをしていましたが
これは過去に何かあってこうなったというのが自然でしょう。
これは物語を進めていく上で重要な伏線と言えるでしょう。
以前の記事にも書きましたが彼女はなぜこのシンクロという能力を使えるのか?
そこには何か過去が関係していると思われます。しかし、原作がないので推測になってしまいますが
何かの事件や事がありそこで彼女の奥底で眠っていたシンクロという能力が
目覚めたのではないかと思われます。人間は危機に陥ると防衛本能というものが働き
奥底に眠っている能力が発動するという事があるのでドラマとはいえこれならあり得そうです。
物語がまだ3話ということで動く話数ではありません。動くとしたら中盤辺りから
彼女の過去やシンクロの能力関連で何かが起きるのではないでしょうか。

Google Ads