東出昌大の画像ライトノベルが原作となった映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビューを果たし、その後NHK朝ドラの「ごちそうさん」や大人気マンガを原作とした「クローズ・エクスプロード」でも主演を務めた東出昌大。彼のこの2年間の快進撃には眼を見張るものがある。
しかし、その躍進の裏で演技に確かなものが持てない自分に悩んでいる一面もあり、その律儀な性格ゆえの演技の悩みも絶えないのだとか。

Google Ads

東出昌大の演技

彼の演技力について多くの人が「演技、上手なのかな?」と言う声が飛んだのが、2014年11月に放送された「リーガル・ハイ・スペシャル」である。主演の堺雅人、ヒロインの新垣結衣、他に大森南朋や吉瀬美智子などの役者の中で、東出は内科医:広瀬史也という役を演じたのだがネット上では彼の演技についての声が多く飛んだ。
Twitterでは東出昌大の演技について


大根役者は雰囲気悪かったら良いとこなし。東出昌大も福士蒼汰もごり押しで演技は相当ひどいと思うけど、性格は悪くなさそう。

東出昌大の演技は何度見ても棒読みで好きになれないなぁ。

東出昌大さんが「夜想曲集」と云うお芝居を5月に上演。 見たいと思うのですが、東出昌大さんの演技が??? 成長を見守りたいですね。

と彼の役者としての技量、特にセリフの棒読みについて違和感を感じる人の声が多く見られた。
もちろん同様に、彼の自然体の演技やハマリ役の時の演技は大好きだという賛成意見も沢山あるのだが、彼のセリフ回しに多くの違和感を感じる人が多いのはなぜなのか?

Google Ads

東出昌大の役者としての経歴

東出昌大のモデル時代の画像東出が本来、メディアに多く顔を出すようになったのはモデルデビューからだ。モデルは着ている服や身に付けている道具の美しさを引き出すことが仕事であり、ビジュアルは相当のモノを求められるが演技は求められることはない。
演劇や舞台での叩き上げの俳優に比べると、そのような人に演技の面で遅れが出るのは当然のことなのだろう。しかし、彼の需要が止まらないワケはやはり他の俳優には無い抜群のビジュアルだ。
テレビで見るとピンと来ないかもしれないが、彼の身長は189cmもある。相当高いイメージのある城田優や速水もこみちでも186〜188cmほど。ちなみに彼の身長を超す俳優は192cmある中村昌也くらいだが、矢口真里との不倫騒動でのイメージ下落で中村を起用するところは少ない。

役者という職業と性格のズレ

東出昌大はその性格がまさに「律儀」「真面目」を体現したような人物だと多くの人が口にする。父の影響で読書が大好き、実家が日本食屋だったので飲食店の店員にも丁寧に接し、人前に出るときは言葉遣いや身の振り方に最新の注意を払う。
その理由は「人に見られ多少なりとも影響を与える仕事だから人として良くないと思われる影響を与えないようにしなければいけないと思う」と答えている。しかし、その真面目な性格が時に役になりきる自分への壁になってしまうこともある。こういう役になりきればこのような口調でセリフを言えることはわかるんだけど、なかなか成りきれない自分がいる。と彼はドキュメンタリー番組で言葉を漏らしてた。
彼の人前に出る時にきちんとする律儀な発音が時に棒読みとして捉えられることもあるのだろう。

東出昌大の記事を見た人にオススメ!

妻夫木聡が結婚か!?熱愛相手の彼女はドラマ共演を通じたハーフ美女マイコ
杏と東出昌大の結婚は運命、お互いの相性とパリコレの奇跡にビックリ!
杏、東出昌大との結婚にコメント求められ…ラジオだけのはずなのに!【動画】

Google Ads