髭男爵出典:こちらを引用

一発屋芸人の髭男爵を知っていますか?

一時一発屋としてバラエティ番組をはじめイベントに頻繁に出演するなど売れっ子芸人として活躍しました。
最近はあまり全国ネットの放送には顔を見せずどんな活動をしているのか分かりません。
現在はどうなっているのか?消えた理由は何だったのか?

Google Ads

【そもそも消えた理由は?】

髭男爵2出典:こちらを引用

一発屋と言えば爆発的に人気が出たと思ったら落ちるのも早く一気に消えるといった傾向があります。
大抵は同じネタしかしないから飽きたという事が挙げられます。
人間は同じものを見せられれば飽きてしまうという習性があります。
分かりやすい例で同じネタしかしない芸人と日によって違うネタをする芸人では
どちらが面白いかは明らかです。後者は毎日同じネタはせず日により内容を変える為
飽きられるという事がありませんが同じネタしかしない芸人は飽きられてしまいます。

髭男爵はどうかと言えば微妙といいますか中途半端で消えたというイメージでしょう。
原因を探すとしたら相方のひぐち君でしょうか。ブレイク中にひぐちカッターなるネタを作りましたが
あの使い方も分からず、山田さんに至ってもトーク力があまりなく
衣装も同じ衣装という事で生き残れなかったのでしょう。

ですが本当のところ同時期に出現したライバル芸人達が多過ぎて埋もれてしまって
地味に消えたというのが真実ではないでしょうか。

Google Ads

【現在の収入】

髭男爵4出典:こちらを引用

2008年にあの言葉「ルネサーンス」で一躍有名になり売れっ子になりました。
その当時芸能活動としてはテレビやラジオ、イベント以外に色々と幅広く手を伸ばしていたこともあり
月収は軽く1,000万円だったと言われています。現在はというとひぐち君に至っては
18万円で低い給料しかもらっていないようです。同じくもう一人の相方である山田ルイ53世はというと
ひぐち君の倍近い月収100万円は言い過ぎだとしても80万円以上は貰っていると言われています。
なぜそんなに貰っているかというと山田さんは芸人としての仕事の他に自身が務める
ラジオのパーソナリティのレギュラーがありそのほかにも山田さん単体の仕事があるため
そんなに給料をもらっているようです。一発屋の場合売れた時が頂点でそれ以降下がる一方で
アルバイトでもしない限り生活できないという芸人が多いと思われていますが実際はそうではなく
地方の営業が美味しいらしくそれが収入源という芸人が多いです。人気により単価は違いますが
1本:1-10万円を数回営業を回れば月収100万円も夢ではなく高収入が可能なのです。
テレビに出なくなった人は喰うに困っていると思われていますが現実にはそうではなく
こういう地方の仕事で食べていけているのです。

Google Ads