Bedroom
いよいよ春到来です。この季節は別れの季節と同時に新しい生活への幕開けでもあります。
それは引っ越しをする学生さんや新社会人が準備をしているのではないでしょうか。
例えば学生の場合住んでいるところからは大学や新社会人なら今までは実家から通っていたけどこれからは
一人暮らしのため引っ越さなければならないという結論に行き着いたという方も多いと思います。
そこで今回は引っ越しでの失敗などごめんという方を対象にお部屋選びの鉄板知識から知っておくと
便利なことと引っ越し後のマナーを教えていこうと思います。
我がNEWBO編集部に入社する新入社員もその多くが引っ越してくる者が多数という情報もあります。
それもあってこのような記事を作成した経緯だったのです。
というわけで今後引っ越す方や現在進行形の方も読んで知識を吸収してください。

Google Ads

【部屋選びポイント編】

まず初めとして事前編としてただ漠然と部屋選びでどこかのマンションやらアパートを見に行っても
中にすら入らせてもらえません。逆に怪しい人と勘違いされてしまいます。
そこで事前に計画を立てて順序良く行動するのが良いです。
そのほうが時間の無駄を省けますし良い部屋と巡り合えるでしょう。

部屋探し

引っ越し先の部屋探しには二つの方法があります。1つ目は不動産会社を直接回ることです。
これは限定的条件があります。
それは例えば都内のAという地域に引っ越す予定でその周辺の部屋を探す場合
ただ闇雲に当たっても効率的でありません。
そこでその土地に詳しい者や友人にそのような方がいるというのが条件です。
これは例えば大学がその近辺にあり、毎日定期的に通っているという方です。

もう一つの選択肢として賃貸情報誌やネット情報の活用です。
今の時代情報雑誌のみならずネットで検索すれば大抵の物件はヒットする世の中です。
現在自分の足で部屋を探すという人はあまりいないでしょう。
ですがこれにはデメリットが存在してしまいます。
それは若干のタイムラグが発生してしまうという点です。
気にいった物件を見つけたはいいもののその物件は他のものに取られてしまって違う物件を
探す羽目になるなんてことは良くあることです。
そしてそのような人気のある物件例えば土地環境や部屋の雰囲気が良いというものは
すぐに契約されてしまうのでこればかりはしょうがありません。
余談ですがこういうような人気で掲載したその日に契約が完了してしまうような物件は
あえて掲載しないというのがルールとなっています。
それはそもそも物件情報は不動産会社から流されているため
都合で流れたり流れなかったりしているのが現状だからです。

そして物件情報はそのまま鵜呑みにしないように。
これは多くの人が誤解していると思いますが掲載している部屋はあくまでイメージで
画像を使っているということもありますので。
そしてスペースの都合上まだ掲載されていない情報が存在しています。
例えば契約更新料や仲介手数料等ほとんどは書かれていない重要な情報がありますのでこういう情報は
直接不動産会社に問い合わせる必要があります。

下見に行くこと

不動産屋で部屋が決まったら絶対に下見に行ってください。これは必須というよりも推奨行動です。
これから住むであろう部屋を見ないで契約なんてしたら後悔して生活することになります。
そうならないためにも下見は重要です。そして下見は最低昼と夜の2回行くことをお薦めします。
それは昼と夜では生活が違うからです。
どういうことかというと仮に昼に下見に行ったとき隣の音とか気にならなくてよかったが
夜になったらうるさくなったということで後悔するのも珍しくありません。

部屋の中のチェックポイント

下見では部屋の中のあらゆるところをチェックしてください。
今までは画像や不動産屋さんの言葉とイメージだけで良いと思っても実際は違うということも多々あります。
部屋の匂いは特別な匂いや不快な匂いはしていないかチェックしましょう。
自分がこれから生活するのに大丈夫な匂いなのか確認しましょう。

室内だけでなくゴミ捨て場や駐輪場等共有部分もチェックしておきましょう。
このあたりは下見の時に担当の方や管理人の方から説明がありますがチェックしておいたほうが良いです。
共有箇所は自分一人で利用するわけではなく他の住人も利用するため
何か注意事項や禁止行為がある等詳しく聞くことをお薦めします。

そして室内の家電や大きいものを置くスペースを下見の時に把握しておくと良いでしょう。
引っ越した時に冷蔵庫やらテレビがサイズが合わなくて困るということもあるので事前にサイズを測り、
冷蔵庫はここに置こうというように計画を立てて下見したほうが良いです。
例えば部屋の入り口の大きさを測っておくことは重要です。
冷蔵庫を部屋の中に運ぶ場合入り口が小さくて入れられないのではシャレにならないので。

Google Ads

【引っ越し後の挨拶編】

引っ越し後の挨拶これなしには新生活は開始できません。
最近ではしないという人もいますがいつの時代になっても挨拶に始まりという言葉がある通り
どのように発展しても礼儀を持って挨拶をしたほうがその後の付き合いも良好になることでしょう。
挨拶をしない者には常識がないと思われても仕方ありませんし
礼儀を知らないと近隣の噂になりかねませんので。

A
source:http://allabout.co.jp/gm/gc/372492/
挨拶と言っても自分が住んでいるマンションなら全階の方に挨拶するのかという
疑問が生じた人もいるでしょう。
まずそんなことはしませんし、そんなことしていたら夜までかかってしまいます。
仮に5-6階しかなくても骨が折れますしそんな時間もないでしょう。
普通の常識的な考え方としては両隣上下の人は最低挨拶をしたほうが良いでしょう。
頻繁にお世話になるのですから。優先順をつけるなら両隣>上下ということになります。
上下はあまりそれほど顔を合わせることはありませんが左右は頻繁に会うことになると思うので。

B
source:http://allabout.co.jp/gm/gc/372492/
挨拶された側の心理としてはどうか気になりますよね。約80%の人が肯定的に受け取っています。
これから隣に住むであろう人が常識人だと思われたのではないでしょうか。
挨拶もしないで引っ越してきた方には第一印象としては最悪でしょう。
そこから挽回するにはキツイところがあります。なら好印象となる挨拶はしておいたほうが良いです。
挨拶をしてマイナスにとる方というのはまずいないと思ったほうが良いです。

挨拶をする時期

旧居(引っ越しする前の居住エリア)では引っ越し前日~2日前に済ませるのが良いでしょう。
あまりに早くても「まだ住んでいたのですか?」と思われてしまいますし、
この間にするのが良いタイミングと言われています。
そして挨拶の品ですが別に持っていかなくても持って行ってもどちらでも良いです。
別に賄賂を渡すわけではありませんので気持ちとして持っていくので。
今までお世話になったのですから気持ちとお礼の言葉を添えれば良いでしょう。

転居先では引っ越し当日~翌日までが良いです。
翌日過ぎても相手側はまだ挨拶に来ていないと思われてしまいます。
そもそも引っ越し当日は特に左右の住民は引っ越してきたというのが音で分かります。
自分以外に引っ越し業者もいるので音で気づきます。

挨拶品はそんなに高額なものを用意する必要はありません。
予算は500~1000円が一般的といわれています。
それほど悩む必要もありませんがかさばるものや生ものはやめておきましょう。
一般的にはタオル、クッキー、石鹸等生活用品系が良いのではないでしょうか。
そして挨拶品にのしをつけてもらうと名前を憶えてもらいやすいです。

Google Ads