火村英生3話ネタバレ出典:こちらを引用

2話の視聴率は9%と1話に比べ落ちましたがそれでもこの時間帯でこの数値は見事でしょう。
次なる3話は完全なアリバイがある妻が相手です。3話の放送を前に簡単なネタバレをしたいと思います。
一体次はどんな犯行が行われるのでしょうか。

Google Ads

3話のネタバレ

火村英生の3話ネタバレ出典:こちらを引用

舞台は准教授役としてドラマに出演し人気俳優が誘拐される事件が起き
この誘拐事件が今度の3話目のストーリーとなります。

タイトルも「准教授の身代金」とされこの3話には原作がありアリスシリーズの
「モロッコ水晶の謎」の中に収録されておりこれを基本のストーリーの軸として物語は進行します。

俳優の志麻は何者かによって誘拐され京都府警が極秘捜査をすることになる。

鍋島は火村英生、有栖の依頼で現場に到着し捜査を開始します。

彼の妻である恵里香が主張先の九州から帰ってくると犯人からの脅迫電話が入り
身代金3,000万円を要求してきました。

彼女は最初警察には言わないと決めていました。それは犯人の脅迫により警察に言ったら
志麻がどうなるかと脅されたからです。マネージャーの城戸が警察に通報し鍋島が着たという流れです。

警察が捜査する中家にある届け物が到着する。

中身は脅迫文と恵里香の髪の毛らしき髪の毛の束があり、脅迫文には鞄にお金を詰め明日指定する列車に
乗れと言う命令文があるのみだった。

妻の恵里香は夫の生存率が低くなることを考え警察の同行を拒否し代わりに
火村と有栖を同行させることになる。

翌日犯人の指定した列車で鞄を届けることになりますが犯人からの接触はなくその日は何もなかった。

これに不審に思ったのは火村。

この犯人はすでに警察が介入していることを理解し計画を練っているのではと推論する火村。

そして志麻はある廃墟で遺体として発見される。

廃墟で志麻は殺されたのではなく別の場所で殺されワザワザ廃墟に移動させたと考える火村。

鑑識の判断も同じようなもので脅迫文以前に殺された確率が高いと。

しかしその判断に異を唱えたのは妻の恵里香だった。

彼女は脅迫電話で夫の声を聞いたと主張。

この発言に彼女への不信感を露にする火村。

もしかすると彼女が夫を殺害するため計画を立て今回の事態になったのではと考える火村だが
彼女には完全なアリバイがあり廃墟に運ぶことは不可能なため彼女が犯人とはまだ言えなかった。

明らかに今回の事件に深く関わりを持っていることは確実なため犯人かそれに近い位置にいると判断し
もう一度彼女に話を聞く為向かうが事態は急展開を迎えることに……。

火村と有栖は90%彼女が犯人だと思っていますが決定打がありません。
考えられるのは共犯がいるか?それとも完全アリバイがある中どういう方法か使い
夫の殺害をしたかのどちらかでしょう。
3話のポイントは恵里香が犯行にどう関わっていたかがポイントです。
まず無関係で第三者により殺害されたなんてことはまず考えられないでしょう。
仮に彼女が犯人だったとして動機はどういうものがあるのでしょうか?

Google Ads