一青窈出典:こちらを引用

歌手の一青窈さんは「ハナミズキ」だけで相当な収入を手にしているという噂です。
この曲はランキングや当時何回もテレビやラジオで聞いたことがあるという人もいるでしょう。
大ヒットしたのでそれなりの印税を手にしていますがその中でもカラオケの印税は凄いという噂ですが
一般人はそのカラオケの印税について知らない人が多数だと思われます。
カラオケで使用されたらいくらとかという基本的なことは知っていてもそれよりも深いシステムは
知らないと思います。今日はそのカラオケの印税についてどういうシステムで
収入が発生しているのか説明していこうと思います。

【カラオケの印税システム】一青窈の印税
出典:こちらを引用

カラオケ印税はあまり聞かないと思います。印税というと歌手や、曲提供をした作詞、
作曲を手掛けた人が手にするものとイメージする人がいるでしょう。カラオケ印税も同じようなもので
貰える権利があるのはその曲を手掛けた人です。

著作権

カラオケには著作権使用料というものがかかっています。これはカラオケボックス1部屋ごとに
毎月数千円程度年間5万円程をそのカラオケボックスのお店から著作権管理団体に
支払う決まりになっています。著作権管理団体というと凄い組織のように思えますが
皆さんも聞いたことあると思いますがJASRACがこれに該当します。

つまりはカラオケボックスで発生した著作権料を一度著作権管理団体に払って
その曲の権利者達に使用料所謂印税を払うというシステムになっています。
印税は著作権使用料と通信カラオケ事情社から提出される楽曲の再生回数簡単に言うと
どの曲がどれだけ歌われたかをデータ化し計算し著作権者に配分するという事になっています。
普通カラオケの印税は1曲1再生で5円の印税が発生すると言われています。

カラオケが入っているのは何もカラオケボックスのお店ばかりではなく
スナックやカラオケが出来る施設にも置いてあることがあるためすべてのところで集計がされるため
一般人が思っている以上に印税は権利者のところに入ってきます。歌手の印税の場合100万枚売れ
ミリオンセラーと呼ばれますがこれの恩恵を受けられるのはその売れた時だけでそれ以降は
売り上げが徐々に下降していきます。ある時また再燃という形で売れるという事もありますが
大抵は下がったままです。

それに引き替えカラオケ印税は発売当時は一気に歌われ印税が入って徐々に歌われなくなりますが
どこかで歌われるという可能性があるため印税は激流の如く止むことはありません。
金のなる木のように印税はドンドンと権利者の元に入ってくるというシステムです。

Google Ads