ハリウッド出典:こちらを引用

良く芸能ニュースでたまに見かけるかと思いますがハリウッド女優やら俳優のギャラが
我々一般人の目から見て現実離れした額を貰っています。
そんなお金はどこから持ってくるのかと疑問に思った人も多いでしょう。
しかし、なぜハリウッド映画で活躍する役者というのはあんなに高額なギャラが
貰えるのでしょうか?日本の役者とは明らかなレベル差があると思いますがその差は何でしょうか?

Google Ads

【高額なギャラのカラクリ】

ハリウッドのギャラが高い出典:こちらを引用

なぜハリウッドの役者たちは最低億単位以上のギャラをもらうことが出来るのか?
それはハリウッド映画が相手にしているものが桁違いだということに関連してきます。
ハリウッドの映画というのは基本アメリカ本土のみをターゲットにするのではなく
全世界規模での商売を行っているためDVDやブルーレイ、テレビ放映、
2次使用等計算して収益が見込めます。そのため俳優に対し高額すぎるぐらいのギャラを払っても
痛くはないという事です。ハリウッドの世界では一本の映画で2,000万ドル(約20億円前後)なんていう
ギャラを貰う事が大物スターの証とされています。そのさらに上に行くと自らが制作サイドに参加して
作品を作るといったことをしている人を見たことがあると思いますがその際には
収益の一部をギャラに上乗せするよう契約を交わしている役者さんも結構いるぐらいです。
ですが最近は金融危機でギャラの価格崩壊がされている時代なため以前ほど高額なギャラは
支払われなくなってきましたがそれでも一般人からしたら高額すぎるギャラが
俳優や女優に支払われているのが現状です。

Google Ads

【ハリウッドはドラマより映画が格上扱い】

eiga出典:こちらを引用

日本はどちらかというドラマと映画は半々という印象ですがアメリカのハリウッドの世界では
逆でドラマよりも映画に出演したほうが格も上がると言われています。良く言われるのはテレビドラマは
スター街道の踏み台、人気が落ちた元人気俳優の保険として
テレビドラマに出演する役者が多いと言われます。

アメリカでは俳優をいくつかのカテゴリに区別しておりそこではドラマ俳優と映画俳優を区別しています。
これはドラマと映画を同列とは判断していなく
映画がドラマよりも格上なのを認めていることの証だと言われます。

アメリカでは日本と違いテレビCMに出演するのは二流の役者が出演するものだと言われています。
日本ではCMは有名な俳優や女優さんが出ているイメージですがアメリカの場合
一流のハリウッドスターが出演するなんてことは天地がひっくり返ってもないらしいです。
理由としてアメリカのCMというのはギャラが低く、スターのイメージを下げさせる可能性があるため
ナレーターとしての出演はあってもオスカー級のハリウッドスターは
まず顔出しでは出演しないらしいです。

【日本とハリウッドの格差】

日本とハリウッドの差出典:こちらを引用

日本とハリウッドの監督ではやはり天と地ほどの差があるようです。
日本の有名監督が言うにはギャラ交渉で1本の映画で1000-1500万円のギャラを貰っているようです。
ですがこの金額が貰えるのは知名度があり実力がある監督だけで
それ以外の人はこれ以下のギャラを貰っているらしいです。

日本の映画監督のギャラが低い理由

  • 企業が出せる製作費には限界がある
  • 日本語が基本の為字幕で海外では敬遠される
  • 監督が映画会社の社員のケースが多い
  • 日本人は世界では受け入れられない

これらがあるためギャラが低くなってしまいます。
一番日本の映画がダメなところは日本語が基本であるという事です。
そのため日本での経済戦略しか立てられず海外戦略が立てれれていないというのが現状です。
その点アメリカの場合世界の公用語と呼ばれる英語が基本なのでどの国でも上映は可能ですし、
英語を話せない国というのは少ないので全世界規模での経済戦略が立てられるため
収益が凄いことになるのです。最近では海外の映画祭に日本映画が出品されていますが
あれは稀なケースで全部の日本映画があのような形で海外の人の目に
触れるかどうかと言われればNOです。

Google Ads