坂本一生出典:こちらを引用

坂本一生さんが便利屋をやっているというのはご存知の人がいると思います。
テレビ朝日のバラエティ番組でタレントが便利屋の仕事を手伝うという企画がありまして
そこで一躍知名度を上げました。良く広告等で便利屋のチラシや求人を見たことがある人もいると思いますが
一体坂本一生さんはなぜ便利屋になろうと思ったのでしょうか?
そしてその便利屋としての収入はいかほどで生活できていけるほどの収益は発生しているのでしょうか?

Google Ads

【様々な職業経験】

職業

便利屋を始める以前に彼は様々な職業を転々としてきました。有名なところでプロレスラーに挑戦したり、
中古車販売員、トラック運転手、スポーツジムのインストラクター等
人生谷あり山ありな生活を送ってきたようです。そしてあるパーティで大手興信所の社長と知り合い
社長のコネで探偵学校で講習を受け探偵業を開いたそうです。現在も継続してやっているようです。
その後便利屋を始めましたがその便利屋を始めたキッカケは
2013年の東日本大震災が大きな転機だったようです。
震災中震災で高齢の老人が重い瓦礫を持ち上げようとしているのを見て咄嗟に手伝ったことがあったようで
その時「ありがとう」と言われ、おにぎりをお礼代わりに渡されたそうなのですが
その出来事が坂本さんの中に刻まれ、知人が「便利屋」をはじめのが後押しとなり人のために
役立つ仕事がしたいという想いがあり、同じ「便利屋」をやろうと思ったらしいです。

Google Ads

【収入】

お金をイメージ出典:こちらを引用

便利屋となってからの収入ですがあまり稼げていないと思われていますがそうではなく
月収で100万円~150万円は稼いでおり、年収で1000万から多くて1800万円は稼いでいるらしいです。
便利屋を経営している人みんながこんなに稼いでいるという事はないと思いますが
一般の会社員からしたら凄い稼いでいると言えます。坂本さん自身元は芸能界で芸能活動をしていた
タレントさんだったためその頃に比べると下がった感は否めませんが
一般庶民からしたら高給を貰っていると言えます。それもそのはずこの便利屋という職業は
一般人からしたら安定していなくあまり勧められる職業とは言えませんが、
経済や市場というビジネスの観点から言えば市場規模として1兆円とされ現在も右肩上がりに伸びており
これから先も成長する分野だと言われています。その理由として受け持つ制限がないため
色々なことを柔軟に対応できるため
一般の家庭の人からしたら頼もしいスペシャリストとして頼られるのです。
芸能界は仕事が無くなれば収入は当然のようにゼロとなりますが便利屋は違い
まず依頼が来なくなるということは現実的に考えてないと思われます。
その時代背景にもよると思いますが震災から数年が経過したとはいえ未だ困っている人は
存在しているのを否定はできないため便利屋としての役割は今後重要となってくると思われますので
当分の間は便利屋の仕事は安泰だと考えられます。

Google Ads