インフルエンザ予防のための対策法を書いた記事の画像今年の冬も猛威を振るうことが予想されるインフルエンザ。毎年のようにウイルスとしての形をかえるので、何度も繰り返して感染してしまう悩みの種である。

このインフルエンザには、潜伏期間があるのはみんなが知っている周知の事実であるのだが、実はインフルエンザが最も広がる原因は「潜伏期間中の感染」という事をご存知だろうか?
インフルエンザは発症すれば、公共の場に行くことや必要以上の外出を制限されるので症状が表面化してからはあまり周りの人間に感染を広げないのだが自覚症状が無い潜伏期間の間に周りの人と接触してしまうのが悩みの種である。
おまけに被感染してしまう人も潜伏期間の人には警戒心を持つことが難しいのでインフルエンザウィルスに対して無防備の状態になってしまうのである。

Google Ads

インフルエンザを予防するには潜伏期間を知ることが大事

つまり、自分がいかにインフルエンザの猛威を避けるには、潜伏期間の感染者を見極め事前に予防するかにかかっている。

潜伏期間は一般的に1日〜3日

インフルエンザの潜伏期間は1日〜3日なので感染した人でも自覚症状をなしに長ければ3日間ほど行動することが出来る。人と接する機会が多い人、長い時間不特定多数の人が出入りする密室にいる人、公共の交通機関を使用する人などは周りにインフルエンザウィルスを持った人がいても何らおかしくはないだろう。
しかし、すぐ身近にインフルエンザの潜伏期間に冒されている人がいたとしても、それを外部から一瞬で判断することはほぼ不可能だ。ほとんどの人はまさか自分がインフルエンザに感染しているとは考えないで行動してしまう。
なのでインフルエンザの潜伏期間の人からの感染を事前に予防するための対策法は常日頃から実践するのが最も確実な対策法である。

Google Ads

未然に感染を防ぐ5個の対策法

そこで今回は潜伏期間の人と接してしまっても、そこからの感染を効果的に防ぐことが出来る5個の対策法をご紹介しよう。どれも日常生活から出来る身近なことでとても効果があるのでぜひ試して欲しい

手洗い・うがい

とてもレトロで昨今のハイテクな時代には「ホントに効果あるの?」と疑いたくなるかもしれませんが、手洗いうがいは立派な感染症の予防法です。
研究方法によってそれぞれですが、手洗いうがいを日常から「しない人」と「する人」とでは、うがいをする人のほうが40%も感染症に感染する割合が低くなったというデータがあります。
また特別な器具を必要とせず、道具を揃えるのに何千円ものお金がかかるわけでもありません。コスパが高く、インフルエンザの感染経路で割合が大きい飛沫感染と接触感染を同時に防ぐことが出来る対策法なのでオススメの対策法です。

うがいは水うがい(水だけのうがい)、手洗いは殺菌消毒成分のあるハンドソープを使用しましょう。

ミューズノータッチ泡ハンドソープ本体キッチン 250ml
レキットベンキーザー (2013-09-09)
売り上げランキング: 165

換気

インフルエンザは飛沫感染が一番割合の大きい感染経路なので、閉めきった部屋で不特定多数の人が咳込んだり、くしゃみをしたり、おしゃべりをしている状況だと感染のリスクが一気に高まってしまいます。もしかしたら、その中にインフルエンザの潜伏期間の人がいるかもしれません。
そのような状態での対策法が換気です。こちらも古典的ながら、とても効果がある感染予防法。換気をすることでウィルスが漂っていた空気が外に逃げ、新鮮な空気と入れ替えるだけなのでとても簡単です。
換気は1〜2時間に1回くらいの間隔で行うのがおすすめです。

マスク

マスクは未然にウィルスが体内に侵入してくるのを防ぐのに役立つ対策法です。
またマスクには他の対策法と少し違い、他者への感染を防ぐことに大きな効果があります。もし自分がインフルエンザっぽいな?と感じた場合はすぐに病院に行くのがおすすめですがどうしても外出をしなければならない状態の場合、他者へウィルスを感染させるのを防ぐためにも必ずマスクをして外出しましょう。

睡眠、栄養

睡眠と栄養をしっかりと補給し免疫力の高い体を保っていれば、もしウィルスが体内に侵入してしまったとしてもそのまま体外に放出される可能性が高くなります。つねに水分を取ることも体内の循環活動をスムーズにする作用がありウィルスが体内から排出されるのを補助する作用があります。
皆さんが考える以上に睡眠と栄養が体に及ぼす影響は大きいのでしっかりとセルフコントロールをしてインフルエンザに強い体を作っておきましょう!

リセットボディ 体にやさしい鯛&松茸雑炊 5食
アサヒフード&ヘルスケア
売り上げランキング: 2,554

人混みや密室を避ける

何よりも一番確実なのは、感染する危険性が高い場所に行かないということ。予防に勝る対策法はありません。
例えば電車の時間を一本早めて人が少ない時間帯に乗る、冬の間だけ自動車通勤に切り替えるなど対策法は様々です。めんどくさいと感じる人も多いかもしれませんが、社会人や受験生にとって1週間という時間はとても貴重で生産できるものが数多くあります。インフルエンザに感染してしまうとその1週間がパーになってしまうのでそれくらい気をつけるのも「やりすぎ」ではないでしょう。

Google Ads