IOS9
iPhone6SまたはiPhone7に組み込まれることが予想されるAppleの最新OS「iOS9」。本来ならば新しいiPhoneが発売されてからしかiOS9を触れるチャンスはないが、もしかすると誰よりも早くiOS9を触れるかもしれないというニュースが飛び込んできた。

OSにこだわりがある人、アプリ開発者やデベロッパー、OSフェチのちょっとマニアックな人は見逃せないぞ!

Google Ads

OS X Yosemiteにならって

AppleといえばiPhoneのイメージが強い人が多いだろうが、AppleのPCである「Macシリーズ」はAppleの創成期を支えた革新的なPCだ。

そのMacで今運用中の最新OS「OS X Yosemite(オーエステンヨセミティ)」はAppleから公式にリリースされるまでに、Apple社外の開発者を公募で募りYosemiteの開発の補助を頼んだ経緯がある。
これはより多くの人にボランティアとしてバグ発見や、人それぞれで違う操作環境でもよりフラットに多くの人に同じような体験を提供するためだ。

その成果もあってかOS X Yosemiteではこれまでの歴代OSシリーズと比べて比較的バグの少ない完成度の高いOSとなることが出来た。そしてAppleはどうやら新しいiPhone6SまたはiPhone7に搭載されることになるであろう「iOS9」でもこの一般ユーザーに協力しての開発援助を頼むようなのだ。
というのもiOS8はセキュリティの決定的な脆さがすぐにあらわになりリリースして間もなく、iOS8.1をリリースする羽目にもなった。このような失敗が何度も続いていては、重大さが理解できるWeb開発者を皮切りにアンドロイドに流出してしまうユーザーが発生する可能性もある。(アンドロイドもセキュリティの脆弱性やマルウェアが問題になってはいるが)

Google Ads

iOS9の先行リリースは今年の夏?

そして気になるiOS9のリリース時期だが現在では2015年の夏の可能性が最も高い。iPhone7の発売を春に期待している人はiOS9の発売時期を見るからにどうやら可能性は薄そうだ。
そしてNewBoでもよく記事に取り上げているiPhone6Sのリリース時期も気になるが、従来Sシリーズの発売に新iOSをあててきたパターンは少ないのでiOS9が秋に一般公開されようとも、iPhone6Sがその前の春にリリースする可能性はわずかながらある。

しかし、ホントに春にiPhone6Sが発売するならそろそろ何かしらの動きがあっても良い頃。3月中旬になってもAppleから何かしらの発表がなければiPhone6Sは2015年の秋のリリースになるだろう。

iOS9を一足先に体験するには

気になるiOS9の先行リリースだが、ほとんどの可能性でなんらかのWeb開発者でない限り一般公開より早く体験することは難しい。というのもAppleが情報流出のリスクを背負って社外に機密情報であるリリース前のiOSを配布するのなら、Appleにとって配布するメリットのない人へは配る必要がないからだ。

先ほど紹介したMacのOS X Yosemiteも誰にでも配布されたわけでなく、Apple Developerという登録制の会員サイトでのみ配布された。

ど〜うしても他の皆より一足先にiOS9を体験したいなら今からWeb開発者を目指すのも手かもしれない…

Related Post

Google Ads