iPhone
image source:4英寸屏 苹果或推iPhone 6S mini|iPhone|苹果|mini_手机新浪科技新浪网
NewBoでも注目トピックとして扱っているiPhone6S miniに、また新しい噂が入ってきた。その内容とは、iPhone6S miniに新しく開発されたA9チップが搭載されるのではないか?という情報だ。A9チップをもしiPhone6S miniに組み込むことが出来れば、大幅な処理速度のアップが期待出来る。

Google Ads

処理速度がアップすればバッテリーの改善も

処理速度に向上が見られると、全体的なスペックが向上する。
操作性がアップしフリーズが減少することはもちろんだが、A9チップを搭載することで一番恩恵を受けるのは「バッテリー時間の改善」である。チップはバージョンアップされる度に、より省電力に複雑な処理をこなす能力がアップしてきているので、未だにスマホの大きな不便点として挙げられるバッテリー持続時間がより長くなる可能性があるのだ。
現時点でiPhone6S miniの発売予定次期は2015年春で、A9チップの生産はアメリカで既に始まっている。

Google Ads