iPhone6SiPhoneユーザーにとっては今か今かと発売が待ち焦がれるiPhone6S。中国メディアの情報によれば既にサムスンはiPhone6Sの機体を手に入れているとのこと。
それはデュアルタスクなど様々な新機能を実装可能にするA9チップのテストと同時にA9チップの生産ラインを稼働する準備を進めるためのようだ。
Sシリーズの終焉も噂されている影響もあり、今年のiPhone6Sは例年の9月より発売日が早まるかもしれない!

Google Ads

A9チップの新機能

A9チップA9チップとはiPhoneの処理性能の部分を司るプロセッサのことで、これまでのiPhoneに内蔵されてきたチップとは2倍〜3倍もの処理性能を持つ新しい規格のプロセッサのことだ。A9チップが搭載されることにより、デュアルタスク(同時に2つのアプリを立ち上げ、2つの作業を同時に進行させること)や操作感の向上などが期待されている。
またA9チップはiPhone6Sだけでなく、iPadAir3、iPad mini4などこれから製造、発売されるアップル製端末にも搭載される予定である。とうとうスマートフォンも処理速度で見れば昔のノートパソコンと大差ない時代になってきた。

Google Ads

サムスンの生産ラインの状況

サムスンといえば記憶に新しいAppleとの訴訟合戦が一時期話題になった。お互いの特許、デザイン、通信規格技術までに及んだ訴訟に訴訟を重ね法定は泥沼化し裁判にかける費用が莫大な規模にまで膨れ上がったためお互いが訴訟を取り下げる形でAppleとサムスンの訴訟合戦は幕を閉じたがお互いの心象はもちろん良いものではない。
そのAppleとサムスンがなぜ新しいiPhone6Sを製造するためにタッグを組んだのか?それはサムスンのスマートフォン市場における売上現象に起因するようだ。
サムスンはAndroid端末のGalaxyシリーズなどを発表しAndroid市場で大きなシェアを獲得したが、近年Androidユーザーの減少とGalaxy離れによりサムスンのスマートフォン市場規模はかなり縮小してしまった。そこで、これからも伸び続けるスマホの需要に乗っかりたいサムスンはiPhone6SのA9チップを格安で配給することによりAppleと生産契約を結んだようだ。

iPhone6Sの発売日がいつもより早めに?

iPhoneシリーズしかし、今回のiPhone6SについてのAppleの同行は少し焦っているというか急いでいるような印象を受ける。Appleも初の試みであるAppleWatchが4月に発売されることからも予想されるように今年のAppleはいつもとは違うアプローチを見せてくれることに期待できる。
iPhone6Sの発売日は例年通りの周期で予想すれば9月頃と予想されるのだが、Sシリーズの終焉に向けて発売周期が変更する可能性は大いに有り得る。
iPhone6Sの発売日が明確にAppleから発表されるチャンスは2つある。
1つがAppleWatchの発売直前に開かれるカンファレンスでiPhone6Sについて言及する可能性。
もう一つが2015年の6/8〜6/12に開催される可能性が高いWWDC2015というAppleが毎年行っているとても大きな規模のカンファレンスだ。ちなみに2014年のWWDCではAppleWatchの存在が明らかになった時でもある。
iPhone6Sを待ち焦がれるユーザーはAppleWatchの発売直前、そして2015年WWDCの速報を見逃さないようにすると発売日に関する情報をいち早くゲット出来るだろう。

iPhone6Sの記事を見た人にオススメ!

【iPhone6S最新情報】カメラ性能大幅アップとタッチに新機能が実装されるよう

iPhone6Sに搭載のiOS9が開発中!一部ではデザインや機能を想像できるコンセプト動画も

AppleWatchで出来ることや機能を発売日より早く体験出来るデモサイトが話題!【最新情報】

iPhone6S miniは「iPhone6C」として発売か?サイズやカラーを予想した動画も

iPhone6SはAppleWatchと同時(2015年春)に発売し、iPhone7の発売日は2015年9月8日になる

iPhone6S miniー4インチサイズの新型iPhoneが発売されないというのは誤報だ!

iPhone6の新機能「ApplePay」のテレビCMをバンク・オブ・アメリカがプロモート【動画あり】

iPhone6Sに大きさ4インチの「mini」サイズが発売か…5Sユーザーはちょっと待った!!

Google Ads