Iphone6s prototypeiPhone6とiPhone6Plusは革命的なiPhoneだった。

iPhone4,4S,5,5Sと4年間続いてきた角ばったエッジデザインを切り捨て丸みを帯びたボディ。
そしてかのApple創業者の1人である故・スティーブ・ジョブスが「人間が便利と感じるサイズの大きさの限界は4インチ=iPhone5,5Sと同じサイズ」という絶対的なこだわりをもっていた4インチ型ディスプレイを捨て大画面化へ踏み切った。
スティーブ・ジョブスが経営陣から身を引いて以来、「迷走している」「方向性が無くなってしまった」と言われ放題だったAppleだったが、iPhone6はiPhoneシリーズで過去の記録を大幅に上回る出荷台数を記録し、AppleWatchをWWDCカンファレンスで世に出したときには株価の時価総額が世界で一番になりAppleはジョブズがいなくても充分にやっていける企業であることを世に知らしめた。

しかし、スティーブ・ジョブスが言っていたように未だに「4インチの呪縛」から抜け出せないユーザーがいる。かくいう私もそうだ。

どうも4インチサイズ以上のディスプレイは買う気にならない。
私はスマホをズボンの横ポケットに入れる派なのだがあれが横ポケットに入っているところが想像出来ない。要は慣れなのかもしれないが未だにiPhone5を使っている。
あと、これは個人的な事情だが私はセルラー版(携帯電話と同じ電波で通信できるタイプ)のiPad miniを持っているので、iPhone6Plusを買ったらiPad miniが役立たずになってしまうのではないかという懸念と、あのポケットにスッと入り片手でスイスイ操作できる4インチだからこそiPhoneの価値があると思っているからだ。
まあiPhone5ならiOS8にアップデートしてもストレスなく動くし、特に不満はない。だが、やはり新しいものに変えたいという欲求は尽きない。そこで期待がかかるのは今年の4月or9月の発売が予測されているiPhone6Sに「4インチサイズのiPhone6S miniが登場するかもしれない」というウワサだ

NewBoでも
中国メディアで大々的に4インチサイズのiPhone6Sが発売されるとのウワサや
【iPhone7,iPhone6S最新情報】画面サイズが4インチ=大幅に小さくなる可能性を中国メディアが指摘

Apple関係に関して発言力が高いアナリストのTimothy Arcuri氏が4インチサイズのiPhoneに言及したこと
iPhone6Sに大きさ4インチの「mini」サイズが発売か…5Sユーザーはちょっと待った!!

iPhone6Sの5インチ版は「廉価版iPhone6C」となり発売される可能性が有るということ
iPhone6S miniは「iPhone6C」として発売か?サイズやカラーを予想した動画も

というように何度か記事の題材に取り上げており、それと同時に記事に対するSNSのレスポンスやアクセスを見れば「多くのユーザーが4インチサイズを期待している」ことは明らかだったのだが、どうやらiPhone6Sでは「4インチサイズの復刻」は実現しそうにない。

Google Ads

コードネームN71,N66

Iphone6s prototype次世代のiPhone開発に関係するデベロッパーたちの間で「N71」と「N66」というコードネームが付けられれているプロトタイプ(試作機)がある。

この2つのうちN71は後にiPhone6S、N66は後にiPhone6SPlusになると仮想され開発が進められているのなのだがこの2つはどちらとも現在出回っているiPhone6のディスプレイサイズと同じであり4インチサイズのプロトタイプは作られてはいないのである。

この2つのプロトタイプは現在の時点でAppleWatchにも搭載される予定の新機能「フォースタッチ機能」をいかにiPhoneに組み込むかを試験するためのプロトタイプであるのだが、もしiPhone6Sに4インチサイズのモデルが登場するならばこの場に4インチのプロトタイプも存在してなければいけない。
デベロッパー達は誰も明言してはいないが、iPhone6Sに4インチユーザー待望のiPhone6S miniなるものは製造されていないことを暗黙の了解としているようだ。

via:Sources: Apple’s 2015 ‘iPhone 6s’ models to gain Force Touch but no dual-camera system

Google Ads

iPhone6Sに関する記事

Related Post

Google Ads