AppleWatchに指でタッチしている画像次に発売されるであろう新型のiPhone6Sには、どのような機能が搭載されるのか期待をしている人も多いだろう。ワイヤレス充電、防水機能など挙げれば切りがないが、AppleはそれよりもiPhoneを使用する際にもっとも回数が多い動作「タッチ」に新機能を加えるようだ。
その新機能とは「ForceTouch(フォースタッチ)」というもの。ForceTouch機能とはディスプレイに感圧センサーを張り巡らせることで、タッチの圧力を判別しタッチひとつで様々な動作が可能になる機構のことだ。

Google Ads

ForceTouchの先駆けはAppleWatch

AppleWatchのForceTouch機能を再現したgif
ForceTouchを体験するにはiPhone6Sが発売されるよりも前に、AppleWatchで体験することが出来る。このForceTouch機能は実はAppleWatchのために搭載された機能だ。
AppleWatchのような狭いディスプレイでもユーザーが操作にわずらわしさを感じずに、思った通りの操作が出来るようにとの戦略だろう。AppleWatchとiPhone6SではForceTouchによる動作に多少の差はあるだろうが、AppleWatchをさわることが出来るならば一足先にForceTouchを経験出来る。

Related Post

Google Ads

より簡単をセールスポイントに

iPhoneに限らないことだがApple社の製品というのは全てが「簡単に操作できる」ということを信条としている。iPhoneやMacに説明書が無いのも「うちの製品は簡単に扱えるから説明書はつけません」という暗黙のブランドアップ戦略だ。実際にiPhoneの操作方法が全くわからない、という人は非常に少ない。初めてiPhoneをさわる人でもカメラを起動してから渡せばシャッターボタンが押せるし、大抵使い方がわからないと嘆くのは本体ではなくアプリのほうだったりする。
しかし、この新機能であるForceTouchだがその圧力感知の精度によっては誤作動を起こす可能性が増える代物でもあるだろう。iPhoneを片手で操作する人は無意識に親指に近い部分ならば強く押しているし遠い部分は軽く押している。しかし、ForceTouchがしっかりと判別するために画面を指先が白くなるほど押さなければいけないとしたらそれは問題外だ。
果たしてこの利き手や操作する指、成人男性からちいさな女の子までに及ぶ圧力を違いをユーザーが使い分けるのが面倒くさいと感じないラインを保ってリリース出来るのだろうか?

いずれにしろ期待が掛かる代物だ。

Related Post

Google Ads