iphone6s次世代の携帯端末として期待がかかるiPhone6S。4インチのサイズになるか?デザインはどう変わる?など様々な方面に妄想が膨らみます。そんな妄想のお手伝いをしてくれる、iPhone6SのコンセプトイメージをGrisha Serov氏がBehanceの中で公開しました。

Google Ads

iPhone6Sのコンセプトイメージ

iphone6s
iPhone6Sのコンセプトの全体図。
iphone6s
ステンレススティール製のボディ。
iphone6s
スリープボタンはサイドから元の場所の上部に戻る。
スリープボタンとホームボタンは統合されタッチIDが搭載される。
iphone6s
サイドにあった音量調節ボタン、マナーモードボタンは3ヶ所から1つのボタンに統合される。
iphone6s
カメラの部分は飛び出してはならない。
iphone6s
イヤホンジャックや充電端子には開閉式のカバーがつくようだ。
iphone6s
iphone6s
スキューモーフィズム(立体的な質感)の夢。
iphone6s
4.5インチのディスプレイ

Google Ads

期待がかかるiPhone6S

iPhone6SのコンセプトイメージはBehanceの他にも様々なところで公開されており、ユーザーの期待が高まっている。無茶なデザインではあるが、今回の音量ボタンとマナーモードの統合や、カメラの出っ張りの排除などはぜひ期待したい、というユーザーもいるのではないだろうか?

※コンセプトイメージなので、あくまで想像の範囲内で楽しむものです。実際に発売されるiPhone6Sのデザインがこうなる!という記事ではないことにご注意を

他のApple製品のコンセプト

MacBookAirの新型12インチが発表!?2015半ばに発売予定でRetina化は分からず!
iPhone7も曲がりそう…新コンセプトデザインで薄くなった新サイズのiPhone7が発表【画像あり】
iPhone7の発表に向けて、デザインを予想した動画が登場!想像が掻き立てられる!
iPhone7の発売に世間の関心高まる、コンセプトデザインはより近代的に。

Google Ads