iPhoneiphone6が去年の9月に発売され最近ではApple Watchという次世代型スマートウォッチを発表しました。
今年中にもiphone6シリーズの6Sが発売されるのではと言われています。
それに伴いiphone7の情報も巷では噂になっているのが現状となっています。

そこでiphone6Sの具体的機能は実際どういうものが搭載されるのかiphoneユーザーにとっては気になるところです。
今年はあらゆる分野においてApple社が嵐を巻き起こすのではないでしょうか。

今回はそのiPhone6SとiPhone7について各所でリークされている噂話をまとめています。
最新情報が気になる人は要チェック!

Google Ads

iPhone6Sのウワサまとめ

iPhone6S

中国の情報サイトによると、今年、新に販売されるiPhoneの次期モデルとされるiPhone6Sについて、
フォースタッチ機能は搭載するも、ツインカメラは見送りになるとの予測を発表しました。
引用:http://news.infoseek.co.jp/article/iphonezine_8706

フォースタッチ機能自体は最近発表された「Apple Watch」に搭載するだろうと言われているもので
Touch IDにより圧力認識で各種機能を起動させるものです。
浅い、深いの強弱のタップによってアプリやら機能を起動するようなもののようです。

そしてApple社はiphone6Sでコンポーネント、フォースタッチ機能に執着しているため
6シリーズからのデザインの大幅変更はないのが濃厚だと言えます。
ツインカメラに関しては他社でも研究開発が進み、
6シリーズに搭載することは難しいと判断して見送ったとされています。
このツインカメラを強引に搭載してもデザインを大幅に変更しなければならなくなるため
その要因もあり今回はスルーしたという見解もあります。

iphone6cやiphone6s miniも登場か

Iphone6s prototypeApple社にとって忘れ去りたい過去とされている5C。

だが性能をiphone6に近づけた6Cの登場が現実味を帯びてきたのかもしれません。
今までの流れからしてSが登場すればCが存在するということはあり得なくもないといえるでしょう。
だが登場するにしても6Sと同等程度や誤差程度の機能ではあまり意味がないでしょう。
同じなら好みで選んでしまうユーザーも少なからずいるのですから。
どこかでSとの差別化を図らない限りまた同じ結果となってしまうということもあり得るのです。

これも単なる噂ですがminiが出るのかという噂です。
画面サイズが4インチのiphoneを開発中という情報から生まれた噂です。
6では大きく、5Cでは機能不足等の声から生まれたあくまで予想です。
ガセネタという可能性もあり得ますので雑学程度に知っておいても良いでしょう。
仮の話現実に登場する場合カメラ性能向上、A8チップ搭載等5Cからの大幅性能UP、
6の性能に近づいたものとなるでしょう。あくまで噂の領域を抜けないレベルの話です。

画面はゴリラガラス4が採用

iphoneの既存の問題として画面ガラスが割れやすいという点をどうにかするのが課題とされています。
最近発表されたApple Watchではサファイアガラスが採用されていたり
今回の6Sではこれと同等のガラスが採用されるようです。
それがゴリラガラス4です。
そもそもゴリラガラスとはネーミングがインパクトありますが要は高い透明度と強度を誇っており、
強度に関してはプラスチックの数十倍とされ衝撃と傷に耐えることが可能とされているのです。
だがこれにも欠点があり、砂埃には弱くそのため保護シートを貼る等対策が必要とされています。
現在では世界の携帯電話のうち20%程度がゴリラガラスシリーズを採用しており
携帯のガラスと言えばこのシリーズというまでメジャーになっているのです。

CPU性能は2倍

A9チップCPUはクアッドコアを採用することで性能UPが見込めます。
今回の6Sも性能向上が高確率であるとされています。

防水機能向上

最高水準の防水性能は搭載はされないものの防水向上は施されると思われる。

発売日のXデー

今までのペースを計算に入れると今年の秋ごろの9-10月に発売されるのではとされています。
Xデーは2015年9月18日第三金曜日と噂されています。5シリーズ以降秋の9月が発売日とされています。

Google Ads

【iphone7の噂】

iphone6s
Iphone6sと7の噂は同時期にあります。7では6の4.7インチ、6 plusの5.5インチのディスプレイサイズから
この先2年は変更されないと言われています。そして6発表前に噂にもなったカメラ画素数向上、
ワイヤレス充電は6及び6 plusでは実現しなかったもののiphone7では採用される可能性が出てきました。
プロセッサはA9に進化し、iOSは現在は8ですがiOS9にバージョンアップすると考えて良いです。

デザインに関して

iphoneシリーズ自体2年周期で外観デザインを変えています。
6、6 plusでは薄く丸みを帯びた仕上がりに大幅変更されました。
7シリーズはこのデザインを引き継ぐことは濃厚とされています。

新素材採用か?

本体材質はApple Watchではサファイアガラス、6Sではゴリラガラスシリーズが濃厚とされ7シリーズでは
サファイアガラスのほかに究極の金属とそういう異名を持つリキッドメタルが
採用されるのではという噂があります。
サファイアガラスのサファイアはダイアモンドに次ぐ高硬度を誇っており割れにくい素材とされています。
ディスプレイには最適とされているのです。
だがApple社はサファイア製造パートナーであるGT社が倒産したことで
低価格での大量供給が出来ない事情があるのです。
それに引き替えリキッドメタルは非常に強くしなやかな素材のためiphoneを大画面化し、
強度を保って軽量化するためには向いている素材とされています。

Related Post

Google Ads