Iphone6s
発売が待ちに待たれるiPhone6Sに関して中国のウェブメディア:聯合新聞網から最新情報が入った。その最新情報とはiPhone6Sのホームボタンに3Dで指の動きを感知するセンサーを導入するというものだ。
3Dといっても立体映像が浮き上がるような超未来的なものではなく、AppleWatchに搭載予定の「ForceTouch」機能に似たようなものになることが予想される。そのForceTouch機能とはこれまでのタッチに圧力による操作の違いを与えることが出来るというもの。
例えば、アプリのアイコンを軽くタッチすればアプリを起動、強くタッチすればアプリのメモリを初期化する、というようにこれまで一手間必要だった作業が「強く押す」というだけで可能になるのである。

Google Ads

ディスプレイは多種多様は操作が可能になる

Apple WatchAppleWatchで既に搭載が決定されているForceTouch機能ならば、AppleWatchと同時あるいはそれ以降に発売されるであろうiPhone6SにForceTouchが搭載されることは充分に期待出来るだろう。
3DタッチセンサーがiPhone6Sに導入されるなら、これまでより更に簡単に複雑な作業をiPhoneのみでこなすことが出来る。上記したようなアプリ起動時の挙動のコントロールだけではない。
例えば、スマートフォンではちょっと面倒くさいと思わずにはいられない文字入力画面でも少し画面を強く押すだけで改行が出来たり、ひらがなからアルファベットキーボードへの切り替えが出来るようになればスマホの文字入力は革命的に躍進する。
またこの3DタッチセンサーはAppleだけでなく、iOSアプリを開発する外部の企業にも大きな躍進になる。例えば、スマホでのゲームにも強く押すことで別の操作が出来るようになれば家庭用ゲーム機にも負けない多彩な操作が出来るようになるかもしれない。

AppleWatchの操作画面の小ささによる不便な点を解決するために生まれたForceTouch(3Dタッチ)機能は更にスマートフォンを私達の生活から手放せないものに進化させるだろう。

Google Ads

ホームボタンのTouchID機能がより正確に早くなる

iPhone5Sから導入された指紋認証アンロックシステムの「TouchID」。これまで必ず必要とされていた故に誰も不便には思わなかったナンバー入力のアンロックシステムを更に進化させたシステムだ。しかし、考えてみればスマートフォンを操作する度に入力しなければいけないナンバー入力は「当たり前」と思っていたので気付かなかったが凄く面倒くさい。
ある統計によるとスマホ利用ユーザーは平均27回スマホの画面を起動しており、更にその中の10%は24時間の間に50回以上スマホの画面を覗いている。1回の起動のアンロックに仮に2秒かかっているとすればこれは生産性で大きな損失だ。

そのアンロックシステムを変えたTouchIDだったがiPhone5とiPhone6では認証までの速度、精度に不満を持つユーザーも多かった。TouchIDが搭載されているにもかかわらずナンバー入力アンロックシステムを使用している人は少なくなかっただろう。
iPhone6Sではこの3Dタッチセンサー搭載とともにTouchIDセンサーの精度と速度が向上するであろうことがわかっている。またAppleは自社の決済システム「ApplePay」の普及のためにもTouchIDの進化はスペックアップの優先事項なのである。将来、「iPhoneのホームボタンに親指を添えながらかざすだけ」で様々な商品やサービスが購入できる時代を作ろうとしているのである。

Related Post

Google Ads