Smartphone 459316 1280発売が待ち望まれる最新型のiPhone6S。

AppleWatchの発売が4月ということでより「AppleWatchとの連携機能を強化したiPhone6S」が4月に発売されることが期待されていました。
しかし、iPhone6Sはいつもの発売サイクルに乗っ取り9月に発売される可能性が高いようです。

IHS Technology ChinaのWang Kevin氏による情報では
「iPhone6Sは2015年の6月頃に量産体制に入る。そこから9月への大々的な発売へ踏み切るだろう」ということ。
過去最大の売上を記録して品薄になったiPhone6の二の足を踏まぬよう例年より早い6月には約2億台近くのiPhone6Sを量産し、各国へ供給するようです。

Google Ads

新機能とは?

iPhone6Sなどの「Sシリーズ」といえば、見た目は変わらないが内部のスペックが充実するというのが通例です。
例えば、iPhone5ではiPhone5Sにバージョンアップした際に見た目は変わらずともTouchIDという指紋認証機能が搭載されました。
iPhone6Sではどのような新機能搭載が予定されているのか?

フォースタッチ機能

フォースタッチ機能とは感圧センサーによってタッチの動作をよりバリエーション豊かにするもの。
既にAppleWatchに搭載されることが明らかになっている新機能です。

Related Post

内蔵チップのバージョンアップ

iPhone6SではA9チップという新型プロセッサが搭載され、これまで以上に機敏に動くようになり処理落ちする場面が少なくなることが予想されます。

Related Post

4インチサイズの復活

上記2つに比べると可能性が低いことは否めませんが、iPhone6Sには「iPhone6CまたはiPhone6Smini」なる4インチ型iPhoneが再発売されるのではとウワサになっています。

Related Post

Google Ads