AppleWatchのForceTouch機能を再現したgif2015年中の発売が期待されるiPhone6S。
NewBoでも【iPhone6S最新情報】カメラ性能大幅アップとタッチに新機能が実装されるようという記事で紹介していたように、iPhone6Sの新機能に

  • タッチの圧力を感知するフォースタッチ機能
  • より進化するデュアルレンズカメラ

の2つを紹介したがどうやらApple insederの記事によると、この2つのうちフォースタッチ機能は実装されることがほぼ確実だが、デュアルレンズカメラはiPhone7に先送りされるようだ。

Google Ads

プロトタイプに試験的に導入

Iphone6s prototype
次世代のiPhoneの開発にはN71とN66というプロトタイプを試験的に作成しすすめている。

applewatch tapticengineこのプロトタイプには現在「圧力でタッチ操作を細かく識別するフォースタッチ機能」と「振動など触覚的に働きかけるTapticEngine(タップティックエンジン)」の搭載を試みており、これらはiPhone6Sの筐体に実装が可能のようだ。

しかし、デュアルレンズカメラを組み込むとなると筐体の構造を大きく変更する必要性が出てきてしまいそれでは予定しているiPhone6Sの発売には間に合わない。
これまでのiPhone3G→3GS、4→4S、5→5SのようにSシリーズへの変遷を考えるとプロセッサなどの内部的な構造のスペックアップが限界ということもあり、iPhoneのカメラが更に高画質、様々なシーンでより鮮明に捉えることができるようになるデュアルレンズカメラはiPhone6Sシリーズでは搭載されることはないだろう。

AppleInsiderでも次世代iPhoneの開発に詳しい人物はデュアルレンズカメラについては否定している。
しかし、TapticEngineが搭載されるとなれば従来音が出せない場面での唯一の通知手段であったマナーモードという概念に大きな進化がもたらされるかもしれない。
フォースタッチ機能も不安な点は数多く残るがまずはAppleWatchでユーザーの反応を見るといったところか。

Related Post

Google Ads