伊東家の食卓出典:こちらを引用

伊東家の食卓という1997-2007年に日本テレビのゴールデンで放送されていた裏技を紹介する
情報バラエティ番組を覚えていますか?この番組は10年という長期スパンで放送された視聴率が
案外取れていた番組だったのですが突然終わりました。
一体なぜ突然終わったのでしょうか?何か嘘の情報でもあったのか?

Google Ads

【打ち切り理由】

伊東家の食卓打ち切り

この番組はゴールデンタイムで10年も続きました。
ですが10年経過したその年に打ち切りが決定しています。
視聴者からしたらそれは打ち切りではなく番組終了ということが妥当であると言われています。
この番組は10年目に入った時にすべてをリニューアルとして番組ロゴの変更、内容も前後半に分けて
教科書に載らない裏昭和史、面白リサイクル、裏技レシピと今までの番組構成とガラリと変えてきました。
それがまずかったらしくその半年後90分スペシャル番組を最後に終了しました。

Google Ads

ネタ切れ

これが大きな打ち切りの理由とされています。裏技というものはそんなには存在しないと思いますし、
10年間も裏技を紹介したということが凄いです。
こういう視聴者にとって有益とされる番組は受け入れにくく5年も経過せずに打ち切りや問題が起きて
終了するという事が多い中10年間もゴールデンで放送されたということは
拍手を送りたいぐらいの功績でしょう。

【視聴率低下の法則】

視聴率の法則出典:こちらを引用

裏番組が人気

これの最も典型的なものがスポーツ番組特に周期ものでオリンピックがあります。
これが民放番組の裏で放送されていれば視聴者はそちらに高確率で行ってしまいます。
理由はその期間しか放送しないというのと注目されている種目を放送するのが普通だからです。

番組の内容が変わり過ぎる

これの典型が「クイズ!ヘキサゴン」です。アレは当初クイズ番組で深夜帯に放送していましたが
何を間違ったのか途中からCDデビューやらロケでと訳が分からなくなったのを覚えていると思います。

深夜帯からゴールデン

一見深夜帯で放送されていた番組がゴールデンに進出というと出世したような印象を受けますが逆です。
確かに人気があるからゴールデンに進出するのですがそれは一時で時が経てば飽きられ
打ち切りになることが多いです。勘違いしている人がいますが深夜帯の放送が
視聴率が良いからと言ってゴールデンに行っても同じ視聴率が取れる保証はありません。
深夜帯の番組を見ている人とゴールデンタイムに見ている人では年齢層やら人数が違います。
そのため深夜帯のノリがゴールデンでは通用しないという事も珍しくありません。

豪華賞品や高額賞金で視聴者を釣る

これは騙される人が多いです。貰える権利があるのは出演者で視聴者が貰えることはそうはありません。
仮に貰えたとしても出演者と比べると質が悪いというのも珍しくありません。

CMが長い

これは最近のテレビ番組にはあるパターンです。肝心なところでCMに入ったりドラマでは
事件系や推理系では犯人が分かりそうな時にCMに入るといったように
視聴率をイラつかせる原因にもなっています。

Google Ads