佐藤二朗仏出典:こちらを引用

俳優の佐藤二朗さんといえばその個性が強くだが面白い演技をすることで有名で
今ドンドンと注目の作品に出演している役者です。しかしなぜこうも面白いのでしょうか?
何か理由があるのでしょうか?

Google Ads

【ブレイク】

佐藤二朗のブレイク出典:こちらを引用

彼を世に知らしめたのはテレビ東京で深夜帯に放送していた短いドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ
ではないでしょうか?主人公は役を自在に演じ分けられる山田孝之さんが面白いのですが
その面白さを際立たせていたのが佐藤二郎さんの演技です。

この方の経歴も演技と同じく面白く彼は大学を卒業し普通に新卒で大手広告代理店に入社し
これから新社会人としてのスタートを切ろうかという時に違和感を覚え
そのままその会社を辞め帰郷するという行動をしています。

その後劇団に入ろうと適性検査を受けるもことごとく玉砕の日々を繰り返しますが
また何の衝動があったのか違う広告代理店に入社したそうですがここでは普通に働き
営業成績部署別でトップの営業を記録するというトンデモナイ記録を叩き出したそうです。
俳優への想いが強くなりその会社は辞め演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし
本格的俳優の道を行くことになったらしいです。

本題に入ってある舞台を公演しているところに映画監督の堤幸彦さんが佐藤さんの演技を
見に来ていたようでその後本木雅弘さん主演のブラック・ジャックの実写版ドラマの
チョイ役で出演しました。
その役というのが板東英二さんにがんを告知するという医師の役でたった1シーンだったのですが
そのシーンを主演の本木雅弘さんの事務所関係者が見て「この役者をウチに入れろ!」と言い、
その事務所に入ることになったようです。

しかし事務所に所属が決まったからといって売れることが約束されたわけではなくフジテレビの
「人間の証明」というドラマで刑事役で出演した時は演出家に独自の考え方として
台詞にアレンジを加えたことを伝えたところ了承を得て採用されました。
演出家の「河毛俊作」さんが言うにはこのドラマの一番の収穫は佐藤二朗という役者だと
言わしめたほど絶賛されたらしいです。

Google Ads

【凄い性格?】

佐藤二朗の性格の謎出典:こちらを引用

佐藤さんはどうやら性格が繊細で「強迫性障害」という病気を患っているらしく
何でもメモをしたりしないと気が済まないようです。一度頭に浮かんだことを行動或いは実践しないと
気が収まらないらしいです。精神系の病気なので改善は可能ですが
あの演技はこの病気が関係しているのかもしれません。

【俳優以外マルチな才能】

意外と思われるかもしれませんが彼は俳優以外に脚本家という顔も持っています。
劇団時代に出演と脚本、演出も務めておりその経験があったため2004年に
「ケータイ刑事 銭形泪」で脚本家デビューをしています。
その後も「恋する日曜日」や話題性のあるドラマで脚本を担当しています。

Google Ads