Temple
もうすぐ近い大晦日。もうすぐ響く除夜の鐘。
子供がいる方や地域に根付いた寺院が近くにある人は必ず鳴らしたことがあるであろう「除夜の鐘」。

大晦日(12月31日)の夜から年が明ける元旦にかけてゴーンゴーンと鳴り響く除夜の鐘は素晴らしい日本の風物詩です。
日本人なら知っておきたい除夜の鐘の予備知識。あなたはどうですか?108回鳴る意味、子供や友達に聞かれて教えてあげること出来ますか?

Google Ads

除夜の鐘を打つ回数「108」回の意味

元旦にかけて打ち突かれる除夜の鐘。あのゴーンゴーンという音は年の暮れから年の開けまでに108回も打たれるんです。
そして人間の中に潜む煩悩(ぼんのう=人間の心の汚れのこと)の数も108個あると言われています。除夜の鐘とは一度打つごとに、一つ煩悩を打ち消すことが出来ると言われています。なので除夜の鐘を108回突くのは、心に潜む煩悩を全て打ち消し清らかなこころで新年を迎えよう、という意味が隠されています。
今年の年末にも除夜の鐘を突きに行く機会があれば、ぜひ自分の心の乱れ、汚れを生み出していた煩悩を鐘の音に乗せて打ち消すように意識して突いてみましょう。
そういった思い込みでも良い新年のスタートが切れるものですよ。

Google Ads