紫吹淳出典:こちらを引用

女優の紫吹淳さんは度々映画やドラマの宣伝でバラエティ番組に出演しているところを見ると思いますが
一般常識というものが信じられないぐらいないです。元宝塚というのは経歴として知っていても
なぜこんなに常識がないのは分かりません。常識がないのには大抵生い立ちが関係しているので
彼女の生い立ちについて話していきましょう。

Google Ads

【お嬢様育ち】

紫吹淳2出典:こちらを引用

彼女は足腰が幼少時弱かったことを心配した両親が3歳からダンスを習い始めました。
それ以降中学卒業まで続けましたがその頃彼女は成長期だったため身長も伸び女の子としては
高い部類に入るぐらいのところまで伸びていました。それがコンプレックスとなり
中学時代を最後にバレエをやるのを辞めてしまったらしいです。その時ケジメのためか
髪をバッサリと切りバレエのことを諦めようとしていたようですが忘れられなくなり
バレエ教室に通っているところバレエの先生に宝塚受験を勧められたらしいです。

ですが知っている方も多いと思いますが宝塚音楽学校と言うところは学費が高いことで
有名でお金持ちしか入れないと言われているセレブな学校なのです。
通っていた人がみんな富豪級や両親が社長をしているという家庭ばかりではありませんが
そこそこ経済が安定していないと無理なところです。

彼女はテレビ出演時にコンビニに行ったことがない、財布には常に数十万円が入っていたりと
お金持ちの娘として育ったエピソードを披露しています。両親のどちらかは誰もが知っている大企業に
勤めているらしく相当なお金持ちらしいです。そして彼女は自分一人では何もできないらしく
ばあやというマネージャーここで言うマネージャーとは芸能事務所のそれではなく
家のお手伝いさんを指します。この人がいないと銀行でお金を引き出せないし、何もできないらしいです。

そのばあやなる人物についてですが宝塚のファンを理解する必要があります。
宝塚のファンと言うのはアイドル等のファンと違いその人が無名の頃から引退した
その後まで応援するのです。そしてばあやなる人物の菅由美子さんという方はファンだったらしいのですが
その後紫吹さんの運転手役を申し出てそれ以降紫吹さんのお世話係として行動を共にしているらしいです。
ちなみにファンクラブも彼女が運営していたりと芸能活動の裏には彼女が動いていたから
今も芸能活動がスムーズにできているのです。

Google Ads