カミソリの画像ムダ毛を剃って身なりを整えている清潔な人達の宿命「カミソリ負け」。
肌が弱い人ならば、カミソリ負けをしたことがある人は多いはず。アゴや鼻の下のヒゲを剃ったり、体のムダ毛処理をしているとカミソリ負けになってしまう人。ニキビや吹き出物が出来てしまうと、何のために毛を剃って身なりを整えているのだろう。吹き出物ができているほうが、よっぽど不潔に見えるじゃないか〜と嘆いてしまいますよね。

まずはなんでカミソリ負けでニキビや吹き出物が出来てしまうのかを知りましょう。
カミソリでムダ毛を処理すると、どう丁寧にやっても肌の表面には細かな傷が出来てしまいます。その傷に細菌が入り炎症を起こしてしまうのがカミソリ負けの原因です。つまりは毛を剃る時に、どれだけ皮膚を傷つけずに済むか、がカミソリ負けへの最大の対策方法となるのです。

今回は「カミソリ負けを未然に防ぐ意外と簡単な対策方法」をご紹介していきます。どれも今日から出来る簡単なものなので、ぜひ実践してみてください♪

Google Ads

カミソリを電動カミソリに買い替える

もし電動のカミソリを使っていない人は試す価値ありの電動シェーバー。先ほども言ったようにカミソリ負けの最大の原因は、カミソリでムダ毛を処理する際に皮膚に出来る細かな傷が原因の場合がほとんどです。
電動シェーバーは基本的に皮膚を傷つけない構造になっているので、電動シェーバーに変えるだけで細かな傷を極力減らす事ができます。。また、男性のヒゲや女性のムダ毛など頻繁に処理する場合は電動シェーバーの方が圧倒的に時短になるので一石二鳥!

Google Ads

毛の生えてる方向に剃る

意外と知られていないのですが、カミソリでムダ毛処理をする場合には毛の方向に逆らってしまうとカミソリ負けの原因になってしまいます。その理由は、毛が逆立ち皮膚が持ち上がってしまうため皮膚に傷がつきやすくなるからです。カミソリでムダ毛を処理する時はできるだけ皮膚を傷つけずカミソリ負けを未然に防ぐためにも、毛の流れに沿うように刃を動かすというのを覚えておきましょう。
※電動シェーバーを使っている場合はカミソリとは逆に毛の方向に逆らうように剃る方が肌へのダメージが少なくなります。

ムダ毛は剃る前に充分に濡らす

毛は水分を含むと膨張して柔らかくなり、切れやすい状態になります。ということはできるだけ抵抗が少なくカミソリを動かすことが出来るので肌へのダメージを少なくすることが出来るということ。それはカミソリ負けを防ぐ事にも繋がります。また、お風呂でムダ毛処理をするならばそのままカミソリを使った後にスキンケアが出来るのも良いですよね♪

シェービングジェル、フォームをたっぷり使う

皆さんちゃんとジェルやフォームを有効活用していますか?もし、流水だけでカミソリを使っている人がいたらちゃんとしたシェービングジェルやフォームを使うだけで改善出来る可能性が大いにあります。お肌をしっかりと保護してカミソリ負けをしないためにも、ジェルやフォームは必ず使用してケチらずたっぷりと使いましょう
肌が弱い人ならば、カミソリ負けをしたことがある人は多いはず。ニキビや吹き出物が出来てしまうと不潔に見えるじゃないか〜と嘆いてしまいますよね。

Google Ads