フラジャイル5話ネタバレ出典:こちらを引用

フラジャイル3話ではいよいよアミノ製薬の火箱直美が登場しました。
これからアミノ製薬編が始まろうとしていますがこれはまだちょっと先の話なようで5話では
関ジャニの安田さんが出演されるらしく余命1年の患者役を演じるらしいです。
気になるのは小早川洋行という人を演じるのですがこのキャラクターはどういう人なのか調べてきました。
ネタバレを含みますので読みたくなかったら読まないほうが良いです。

Google Ads

安田が演じる小早川洋行とは?

関ジャニ安田出典:こちらを引用

保育園に勤務する治療見込みがないガン患者それが小早川洋行です。

小早川は家族もいなければ恋人もいない孤独な人物で自分の死を覚悟します。

保育園を辞め緩和ケアを受ける為岸が働いている病院に来ますがここで森井検査技師と
出会うことになります。この話は森井が主役と言いますか中心なお話となります。

森井は小早川が気になり岸にカルテを見せてもらう事にそこで森井は愕然とする。

彼は手の施しようがなく手術しても治る見込がない余命宣告されたガン患者だと理解する。

小早川は入院に必要な物を買いに病院の外に出掛けますが
そこで森井と出会い彼と一緒に買い物をしに自転車で向かう事になる。

森井は小早川に後悔と心残りを聞くことになる。

彼は元々音大に入って好きな音楽をしたかったと零す。

音大にはお金がかかり家庭の事情で行くことはできなかった。

小早川は死ぬまでに自分が作曲したものを賞へ応募し取れれば自分が生きた証となると思い作曲をすると。

それを聞いた森井は自分の過去を思い出す。

彼は元々医学部志望だった。

しかし彼の家庭の事情によりお金がかかる医学部へは行けなく検査技師への道へと進んだのだ。

森井は小早川にオクトレチドの抗がん剤治療ができないかと考え始める。

しかしこれにはお金がかかり皮肉なことにここでもお金をかけなくてはならないといった
事態が起きるのだった。

初期の費用は森井が負担すると言い提案するが緩和ケアの医師稲垣は
それをやるという事がどういう事か理解しているのか?と口論になる。

この治療は森井が考えている以上に過酷でキツイ治療。

そこに仲裁に入る岸。

岸は感情的になってはなにもならんと森井を諭す。

しかし結果として小早川の治療には適していないと判断し彼には絶望がのしかかる。

小早川は作曲したものを送るためコンビニに出掛ける途中保育園の園児が車道に飛び出し
そこにはトラックが来ており子供を庇って帰らぬ人となってしまった……。

Google Ads