マフィン
皆さんは菓子パンをよく食べる人ですか?菓子の要素をパンに加えたから菓子パンというなんとも安直なネーミングですが、名前の通り菓子とパンが組み合わさっている以上カロリーが高くなります。
ちなみに御飯100g当たり160kcal前後、食パン1枚当たり170kcalぐらいです。通常子供のおやつとして出されている家庭もあります。そして成人した社会人の方でもお昼に菓子パンを食べる人もいます。

菓子パンは軽食として食べるスナックフードの一種とされています。美味しそうですがそこには落とし穴があります菓子とパンが合わさっている以上カロリーもばかになりません。

普通の御飯や食パンよりも高カロリーです。御飯や食パンと菓子パンを天秤にかけた場合どちらが高カロリーかは試すまでもなく菓子パンのほうです。

そこで疑問が生じるでしょう。菓子パンはなぜ太るのか?そして菓子パンを食っても太らない方法なんてそんな夢みたいなことがあるのでしょうか?

そこのところも含めて学んでいきましょう。読んだ後アナタは菓子パンのことを少なからず理解したこととなるでしょう。

Google Ads

菓子パンを食べると太る理由

体重計に乗っている脚まず結論から言うと……菓子パンは数ある食べ物のなかでもかなり太りやすい食べ物です。

この話題の前に太る原因といいますかメカニズムについてお話します。
そもそも太る太ると言いますがなぜ太るか分かりますか?
カロリーが高いものは太る、カロリーが低いものでも太りずらくなるってぐらいで太らない食べ物はこの世に存在しません。

こんなことは小学生でも理解できる初歩でしょう。食品にはすべてカロリーというものがあります。それは食べ物に含まれるエネルギーの単位のことです。1000calで1kcalとなるます。

人が呼吸したり歩いたり、生活、運動あらゆる行動をするためにはエネルギー源が必要です。これを簡単に説明すると人間を車で例えるなら車は燃料であるガソリンレギュラーでもハイオクでもどっちでもいいですがそれを使用して動いています。
ですがこの燃料がなくなればガス欠となり突然停止し、どんなにアクセルを押しても動きません。燃料がなくなったのですから当然です。

話を戻しますが人のエネルギーは食品から摂取する必要があります。この食品とは食べるものです。肉でも魚でも果物でもあらゆる食べ物を指します。自分の体内に取り込んだエネルギー量が消費されるエネルギー量を上回る(エネルギーが余る)と体に体脂肪として溜まります。
これがいわゆる脂肪です。良くやったことある人もいるのではないでしょうか。お腹や足を手で掴みますよね?あれが無駄な脂肪です。

アスリートや無駄な脂肪がない肉体を持っている人はその脂肪がないので掴んでもほんのちょっとぐらいしかなく皮しか掴めません。
もっと分かりやすく言うと食べたエネルギーが消費したエネルギー日常生活の行動や運動等より多いと太るというわけです。これが太るメカニズムです。

最近の高校生や大学生、さらに小児性肥満などまだまだ代謝が高い年代の子供達が太ってしまう原因はこの菓子パンだと言われています。良く学生がこの菓子パンを食べているところを見かけます。食堂で食べるのではなくコンビニやパン屋で買ってきたパンを食っているのでしょう。そこがまず落とし穴です。

菓子パンを食べたことがある人なら分かるでしょうが菓子パンを1個食べるのに何も飲まず食べる人は少ないと思います。実際はいるのでしょうがたいていの人は菓子パンと他に飲み物や何かを食べるのではないでしょうか?

菓子パンの種類や大きさによりカロリーは違いますが最低でも300前後はカロリーがあり、それに飲み物として100以上のカロリーはあります。合計すると400カロリーになります。

菓子パンというと女の子のほうが多く食べているというイメージなので摂取カロリーを言うと約1800kcalが目安とされています。
これを基に考えると過程で朝食を普通に食べたとします。それ+菓子パンと飲み物を食べたり飲んだ場合軽く1000は行くのではないでしょうか?

運動部や体を動かすというなら大丈夫なのですが運動はしないという方がこれをやるとまず間違いなく太ります。そして菓子パンが一番厄介な点はすぐに消化してしまいお腹にたまらないんです。普通の食べ物の場合消化するまで時間がかかり良い時間を過ぎて夕食というぐらいに調整されます。

消化が早いせいで人間は食欲がでてしまい、お腹空いたからなんか夕食前に食べてしまおうという欲が出てしまいます。それが人間です。ダイエットに取り組んでいるわけでもない人間はそんな誘惑にはあっけなく負けてしまうものです。

もっとも意志が強いというなら別ですがそんな人は大勢はいないでしょうから。

菓子パンは糖分が多く血糖値がすぐ上がり、下がる時も急下降なのですぐに空腹感が襲ってきます。菓子パンのもっとも恐ろしいところは依存性が高いというところです。菓子パンというとコンビニで気軽に買え、しかも安価な価格なのでお財布にやさしいからドンドン買ってしまいます。毎日菓子パンが食事の生活を続ければ100%太るのは当然です。

そして高カロリーなのを気にせずお腹に溜まらないし、買いやすいしすぐ食べられるから食べてしまうのです。

別に菓子パンを食べることをやめなさいとは言っていません。
たまになら食べても良いでしょうが毎日や1週間に何度も食べるのはあまり進めまらません。たまに食べるぐらいの頻度なら太るということもありません。

Google Ads

菓子パンを食べても太らない方法

それでも菓子パンの誘惑に負けてしまうという方ご安心を。食べても太らない方法を教えます。

別に魔法を使うとかサプリメントやらなんやらと変なものを食べるのを進めるのではないのでご安心ください。結論から言うと菓子パンを食べる前にこんにゃくゼリーで糖質をブロックすればよいということです。

そもそもな話菓子パンが厄介な点は糖質がとんでもなくあるという点です。それがなくては菓子パンの存在意義がないのですが。その糖質さえなんとかすれば太らずに菓子パンを食べても太らないということです。

こんにゃくゼリー?と半信半疑の人もいるかもしれません。こんにゃくゼリーとはゲル化剤としてゼラチンの代わりにこんにゃくの粉末あるいは食物繊維を果汁に混ぜて固めた弾力に優れた生菓子のことです。良くあるゼリーのようなものだと理解してくだされば結構です。

そしてなぜこれを食べると太らないことになるのか。
糖質が含まれている食べ物今回は菓子パンですがそれを食べる前に食物繊維を食べると血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

先ほども述べましたが菓子パンは血糖値をグンッと急激に上昇させて落ちる時も急下降してしまいます。それを緩やかにすれば空腹が訪れるのも遅らせることが出来ます。そうなれば夕食の時間の頃に空腹が訪れて時間調整が出来るでしょう。

これは菓子パンだけに限ったことではなく他の食べ物でも言えます。

ラーメンを例にすると野菜とわかめをトッピングすれば同じ効果がなされるようです。ラーメンは菓子パン以上のカロリーがあります。そしてラーメンがカロリー高い所以は塩分が多いという点に尽きると思います。塩分と水分が体に溜まりむくみ太りしやすくなります。そこで塩分と水分を排泄するカリウムが豊富な海藻類や野菜を一緒に食べると良いでしょう。

ケーキを例にすると良くケーキにコーヒーはセットのように一緒に頼む人がいるのを目撃したことありますよね?これは理にかなっています。脂質吸収を緩やかにしてくれます。

コーヒーやお茶に含まれるタンニンやクロロゲン酸の成分には血糖値の上昇を緩やかにして脂質の吸収を抑える作用があります。

朝、甘いものを食べても太らないというのは完全なデマです。太ります。

食べるなら昼から夕方がゴールデンタイムです。昼食後のデザートとして食べるのが良いでしょう。

Related Post

Google Ads