遠藤憲一の画像出典:こちらを引用

遠藤憲一さんと言えば数年前にドラマに出演を機に
ブレイクしたという印象を持っている人がいると思います。
最近はちょくちょくドラマや映画に出演はしていますがちょっとあまり露出していないと思ってしまいます。
ドラマや映画というよりもCMやナレーションでのイメージがあると思います。
独特な声を持っているためそれに合ったCMで良く聞くと思います。
最近ではソーシャルゲーム系のCMに出演しているなどこれまでの強面キャラとは違い
あんなこともするんだと新たな一面が見られたりしています。
今回は遠藤憲一さんについて話していこうと思います。この人はどういう経歴でここまできたのか?
なぜCMやナレーターに多く出演しているのでしょうか?俳優としての演技はどうなのでしょうか?

Google Ads

【演技と経歴】

遠藤憲一の画像2出典:こちらを引用

学生時代は真面目だったようですが通っていた高校がヤンキーが大半を占めていたため
自分もヤンキーになってしまったようです。
今の遠藤さんを見ると怖い映画や役を演じることがあるため
元ヤンキーではと思う人も少なくないでしょう。

コワモテの顔をしているため普通にプライベートで外を歩いていても必ずと言っていいぐらい
職務質問されて俳優であるということを証明するのに苦労するそうです。
私服を来ていてもオーラというものが醸し出しているため自然に悪い奴という風に見えてしまうようです。
そのコワモテの顔があるからそういう役のお仕事が来るというのは嬉しいそうですが
それが原因でこういう事が起こるので顔がコンプレックスに感じてしまうそうです。

役者としての遠藤憲一さんは一目見ればインパクトに残りその役を忘れないことでしょう。
彼自身普通のゴールデンタイムで放送するドラマに出演する以前は
Vシネマ系の映画に出演していたということもありその時は悪顔ばっかりのため
そんなにインパクトがあるという事はなかったですがドラマではインパクトがあり過ぎて
スタッフがまたオファーを出してしまうということがあるようです。

そして遠藤さんはどちらかというとナレーターや声優といった声を主な仕事とするもののほうが
印象が強いと思われます。一度聞けばあの声は渋くて魅力的な声のためキャスティングした人を
褒めるぐらいマッチしていることが殆どです。
ドラマや映画もそれなりに出演していますが
それ以上に声を担当する仕事の数は軽く700を超えているとのことです。

こういう才能が一方向でなく多方向に向いている役者さんというのは長く俳優としてやっていけます。
山田孝之さんはあらゆる役を演じ切れる為オファーが絶えないことで有名です。
遠藤さんもどんな役が来ても演じ切れる自信があるかどうか分かりませんが
視聴者から見て数多の役を演じられているため
色々な役を演じられるということでオファーが続々と来ると思われます。

Google Ads

【来たオファーは断らない】

オファー交渉の画像出典:こちらを引用

こだわりとして遠藤さんにきたオファーは基本断らないそうです。
他の役者や大物俳優は選り好みで仕事を選んでいるという人もいますが遠藤さんに至っては
これは嫌だからやらないということで仕事はやっていなくきた仕事は断らないようにしているそうです。
関係者が話すには若手芸人並に忙しく休み暇もなく働いているため
痩せてしまうのでは?と思ってしまうぐらい忙しいそうです。

【CMに出演】

遠藤憲一の画像3出典:こちらを引用

オファーされた仕事は断らない主義のためどんな仕事でも過酷でない限り受けるという方針を
取っているためダメもとでオファーしたものが現在大ヒットしているというCMもいくつかあります。
遠藤さんというとコワモテのキャラが定着していたため
こういうソーシャルゲーム系のCMには絶対に出ないと思われていましたが
出演してこんな役柄も演じられると新たな一面を見たという人がたくさんいます。

Google Ads