木南晴夏出典:こちらを引用

木南晴夏さんと言えば最近人気ドラマに出演するなどブレイクしている女優さんの一人です。
「リアル脱出ゲーム」と言ったメジャーなドラマに出演しており、
その演技のインパクトが高評価されています。この女優さんはチョイ役で出始め深夜のドラマで
一気にブレイクしたという印象を持っていますがなぜこう人気なのか分からないです。
なぜこう人気があり続々とメジャーなドラマ、映画に出演しているのでしょうか?
そして女優として演技力についてはどうなのでしょうか?

Google Ads

【人気】

木南晴夏2出典:こちらを引用

この方は元は関西出身という事もあり小さい頃から宝塚歌劇団の舞台を見に通っていてその頃より
演技といいますか女優に興味があったらしいです。
高校在学中に夏の高校野球のPRをするための女子高校生に選ばれ、
ホリプロのオーディションでグランプリを獲得し、芸能界デビューを飾っています。
ですが大手のホリプロに入れたからと言って売れることが約束されているわけではないため
売れるまでには年数がかかったようです。

木南さんが知名度をグンッと上げたのはバラエティ番組「不幸の法則」という番組内での不幸エピソードを
再現するドラマを演じたキャラが視聴者にインパクトを与えたようでこの人は誰?ということになり
顔が知れ渡ることになりました。一般的に女優や俳優が売れるルートは
王道で有名や注目度があるドラマに出演しブレイクするというのがあります。
大抵はコチラがブレイクするきっかけになりますが彼女の場合
バラエティ番組から有名になるという道になったようです。
バラエティ番組は現在ドラマよりも見る人が多いと言われています。
ドラマとバラエティは視聴率を比較しても後者のほうが数字を取ることが簡単なため
数が多いと言われています。彼女はその前に下積み期間というものがあり、有名なあの
「20世紀少年」の後半で小泉響子役という主人公の友人を演じインパクトを残していますし、
それ以降も様々な役を演じてキャリアを積んでいるため実力は折り紙つきだと言えます。

Google Ads

【演技力】

木南晴夏3出典:こちらを引用

木南さんは無個性と言われているそうです。言葉の通り個性や特徴がない
ありふれた人つまり目立っていないことです。
芸能界は目立ってなんぼの世界のため個性がないと活躍できません。
ですが彼女の場合変わった表現が出来るようで演技を目だけでやり動きで表現する説得力、
技術力はトップクラスのようでそれらに加え平らな胸、薄い顔が役者として評価されています。
個性がないためあらゆる役に適応でき、監督が求める役を演じられることができ高評価へと繋がっています。
これの例を挙げれば「20世紀少年」が挙げられますが、漫画の実写化ということで多少似せても
忠実に再現するというのは不可能なのですが彼女に至っては目で演技するということで
原作とソックリということで高い評価を受けています。
個性がないためそれほど主役級で映画やドラマに出演するという事はないようですが
脇役としてインパクトある役を演じることが出来る為女優として高評価を受けています。

Google Ads