高台家の人々

出典:こちらを引用

YOUにて連載している漫画「高台家の人々」が今年の6月に映画公開されることが決まっています。
この漫画タイトルからしてほのぼの家族系でという感じで心温まるストーリーなんだろうなと
思うかもしれませんがそんなストーリーでは決してありません。
現実世界にはありうるかもしれないある能力者の一族の話なのですが
これが面白いという事で評判を呼び映画化されました。
気になるのはどんなストーリーかですが公開を前にどんな内容の映画なのかを紹介したいと思います。
気になる配役も紹介したいと思います。

Google Ads

あらすじとネタバレ

高台家の人々のネタバレ出典:こちらを引用

主人公はOLの平野木絵

モテない、特技ない、地味の3拍子揃った平凡な女子。強いて特技を上げるとしたら妄想癖ぐらいだ。

ある日木絵は風邪を引いてしまい会社を休むことになったのだがある妄想をすることになる。
妄想の中では会社がある謎の集団に支配され機能停止されてしまうというものだった。

そして風邪も完治し会社に行ってみると謎の集団に会社が支配されているといったこともなく
平和な会社がそこにはあった。
変わったことと言えば上司が青い目をした長身黒髪のイケメンになっていたぐらいだ。

そのイケメンの名前は高台光正といいニューヨーク支社から赴任して来て
女子社員に群がられ夢中になっていた。
木絵も夢中になるかと思いきや地味な私に振り向くわけないとネガティブなことを考えるしまつ。

そしてある妄想をし始める木絵。

光正に頭を下げている社長は実はランプの精で呼ばれたことも呼んだこともないのだが
そのランプを手にした者はこんなものいらんと投げるというような
妄想をしているとそれを笑う人物がいた。

そう、光正である。

不思議なことに彼女の妄想がどんなものかを理解されてしまったのだ。
別に彼女は声に出していたわけないのだが。

これにはからくりがあり彼は他人の考えを理解できる特殊な能力を持つ者で
木絵の妄想にハマってしまいそれ以降食事やデートを繰り返し距離を縮めていった。

そして木絵は妄想で彼に告白し付き合うことになる。

傍から見れば両想いでいつ結婚してもおかしくなかったのですが彼の母由布子がそれを許しません。

木絵を初対面で光正には不釣り合いと言いバッサリ切り交際を認めようとはしません。

しかし徐々に巻を増すごとに彼女を理解し認めるようになります。

光正の妹茂子

兄と同じく人の考えが理解できる能力者で友人関係を築いている岸本浩平という男の子がおり
その子に告白する。彼女は相手の考えが理解できるため彼のほうも自分のことを
好きなことは知っていたためこの恋は失敗するなんてことはまずありえないと自信満々な茂子。
しかし人生そう思い通り行かないのも事実。彼には付き合う事が出来ないある事情があるらしく
茂子もその事情があるのは知っていたが何かまでは分からない。
それは茂子が彼に気を使っているということ。このことを木絵に相談したところ
同じ気を使っていたことが分かりその気を使わないことをし浩平と一緒に過ごしたいと
二人の時間を過ごすことになるが彼の父親に邪魔されてしまい失敗に終わる。

光正の弟和正

ある女性との厄介な関係を続けている。それは純という女性なのだがその女性光正に惚れているらしく
その光正にヤキモチを焼いてしまう。しかしある時和正と女性が一緒にいるところを目撃してしまい
ショックを受ける。和正も兄と同じく人の考えが理解できる能力者で純の気持ちが理解でき
やきもちを焼いていることを知り嬉しく思い二人の関係性を発展させたいと考えている。

由布子VS木絵 祖母が援護射撃!?

和正、茂子、光正は木絵の妄想にドハマりしてしまいすぐ仲良くなった。
しかし母の由布子だけはそうではなく頑なに結婚には反対していたがそこに助け船を出したのが
祖母のアンで彼女は母を説得し木絵にある条件を出して結婚を許します。
その条件とは高台家に相応しい嫁になるよう教育を受けるという事。

ちなみに高台家の一族は茂子、光正、和正と祖母のアンは能力者ですが
それ以外の者は能力は持っていません。

Google Ads

CAST紹介

高台家の人々キャスト紹介出典:こちらを引用

平野木絵:綾瀬はるか

  • 妄想癖がある
  • 天然系
  •  光正と恋人になる

高台光正:斉藤工

  • イケメンエリート社員
  • 木絵の恋人になる

高台茂子:水原希子

  • 光正の妹
  • 浩平に想いを寄せる

高台和正:間宮祥太朗

  • 光正の弟
  • 純に好意を寄せている

高台由布子:大地真央

  • 光正、茂子、和正の母
  • 光正と木絵の仲に反対
  • 無能力者

Google Ads