linepay
image:About service : LINE Pay Merchant
LINEは3/2にZOZOTOWNやHMV ONLINE、Fril等の通販サイトでのモバイル送金及び決済サービス【LINE Pay】を利用できるよう対応準備に入ったと発表しました。
それに加え3/20より各加盟店サイトやアプリでの決済にLine Payを利用した方を対象に商品代金の値引きや割引キャンペーンを実施することも発表しています。
LINEユーザーならこの言葉を知っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、この名称は知っていてもどういうもので決済の種類というのは理解したが安全かそしてセキュリティは大丈夫か等詳しく見ていきましょう。
決済の種類を知っておくことでその時に慌てることなくその決済で利用したり、友達に教えることも可能なので知識を吸収すると思って読んでみて下さい。

Google Ads

【LINE Payとは】

LINE Payとは簡単に言えばLINEを通じそのLINE同士で送金や提携サービスや店舗での決済が出来るサービスです。

送金手数料が無料です。これは大きいのではないでしょうか。決済というとコンビニでも銀行振込でも大抵手数料が数百円程度かかってしまいます。
これが従来の決済の欠点の一つでもあります。
ですがLINE Payの場合無料でしかも銀行口座の分からない相手でもLINE IDさえ共有していれば24時間無料で送金が可能ということです。
送金というと銀行を例にすればある一定の時間を過ぎたら翌日送金扱いや時間外手数料がかかってしまいます。この決済では無料で送金できます。
銀行口座での送金と比較しても明らかにこちらのほうが便利ではないでしょうか。

LINE Payのアカウントにはプリペイドカードや登録した銀行口座からチャージが可能です。対応銀行はみずほ銀行と三井住友銀行の2社。
Suicaといった交通系プリペイドにチャージすればその場でスマホからチャージが可能なため今までのようにわざわざ銀行まで行くことはないのです。
チャージしたお金は別IDに送ることが可能なので個人間の送金が可能となっているのです。
そしてこのLINE Payの凄いところはチャージされた金額は登録した銀行口座から出金が可能という点です。
電子マネーは現在では数多くありますが現金化できるというサービスは初ではないでしょうか。
既存のものは一度チャージして入金したら出金はできないものが多いです。その点これはミスしてチャージしてしまってもいつでも出金できるのです。
利用者はドンドンと多くなるのではないでしょうか。これは単なる決済という括りでは収まりきらず言うなら電子的銀行口座という部類があるならそれに入ると考えられます。

ネットでの買い物はもちろんのこと実店舗でも利用可能となるのです。
まだそう多く対応を表明したところはありませんがこのLINE Payのメリットを知れば各通販サイトはもちろんコンビニはおろかショッピングといったお店でも利用可能となる日も来るでしょう。

Google Ads

【LINE Payの安全性】

LINE Payの便利さは理解したでしょう。ですが多数の方は不安に思うはずです。利便性は分かったけど本当に安全か?
そしてセキュリティや個人情報流失の危険性は大丈夫なのか?等。その不安を打ち消すこととしましょう。

LINE Payでは、第三者による不正利用を防ぐため、LINEアカウントとは別にパスワードを設定するようになっています。
そのため、より高いセキュリティレベルで安全にご利用いただけます。
LINE Payご利用に際して、高レベルの暗号化機能により、フィッシング攻撃や決済時の個人情報と決済情報を保護しており、
使用者情報とLINE Pay登録情報を二重に確認する機能を適用しています。
決済時にはスマートフォン上でLINE Payが起動し、ご本人様が操作することで決済を行うことができる仕様です。
その際画面上部に本人のLINEのプロフィール情報を表示され、LINE Payでの決済であることを確認できます。
※外部フィッシングサイトでは、お客様のプロフィール情報などは表示されません。
引用:http://help.line.me/line/ios/categoryId/10001102/pc?lang=ja

上記は公式のヘルプページにあるのを引用しています。
不正防止のためアカウントとは別にパスワードを設定することで鉄壁のセキュリティ網を構築しているのでまず不正はないと断言できるでしょう。
そして利用の際暗号化しているので個人情報漏洩やサイバー攻撃等で流出するということは考えにくいです。
セキュリティに関しては100%安全という言葉は存在しません。
例を挙げて以前遠隔操作事件が巷を騒がしたのも脳裏にあると思います。
アレはちゃんとセキュリティソフトやファイアウォールを入れていたにもかかわらず遠隔操作犯人として逮捕された方が何人かいたのを覚えていると思います。
なのでセキュリティにパーセンテージは意味を成しません。
ですが無セキュリティよりも強固なセキュリティと思ったほうが良いです。
この世には100%安全なセキュリティなど存在しないのですから。

【LINE Payの落とし穴】

LINE Payにチャージする方法は3つほどあります。
銀行口座、コンビニ決済、Pay-easyです。銀行口座は現在のところメガバンクの【三井住友銀行】と【みずほ銀行】のみとなっており、
このどちらかの口座を所有していれば良いが持ってなかったら新たに開設しなくてはならないです。
現実的で簡単なものといえばコンビニ決済ではないでしょうか。

出金には落とし穴があります。それは手数料がかかってしまうということです。
送金時は無料と言っておきながら出金時に手数料が取られるということです。
このあたりは我慢するしかないでしょう。
今までの決済や電子マネーと比べるとこちらのほうが断然好条件なのですから。
これから先どのようなサービスが追加するにせよユーザーの反応によってはこの手数料は上がるのか?それとも下がるのか?
もしくは手数料無料となるのか分かりません。出金時の手数料はしょうがないとあきらめるしかないのかもしれません。
その他入金、個人間送金、決済手数料は無料なので。

LINEはツイッターと並び世界中で何億人という単位で利用されています。
今後もこの二つはどのような形なのか分かりませんが発展することは決定事項でしょう。
それに伴いこのLINE Payもそれらに並び発展することは明白です。
今ではクレジットカードはデビットカードを持つことでクレジットカード払い(例外を除き)で払うことが可能となっています。
この新しい電子マネーカード【LINE Pay】も数年と経過すれば利用者数が激増し、買い物で決済の定番となる日も来るかもしれません。
今後LINE関連会社の動向も注目し時代が動く瞬間を見逃してはなりません。

Related Post

Google Ads