新型MacBookAir
Macユーザーお待ちかねの新型MacBookAirについて「9to5Mac」から情報がリーク!新型のMacBookAirは「MacBook Stretch」と呼ばれていて、現在仕様運転中ではありますが2015年に新しく発売されるであろう新型MacBookAirの情報をいち早く掴む為の参考源となります!

Google Ads

極限まで薄い新型MacBookAir

新型MacBookAirの薄さ
今回のMacBook Stretchには様々な革新的な部分が見受けられるのですが、一番注目すべきはその驚くべき薄さ。
従来のMacBookAirは解像度や処理速度こそ改善して欲しいという意見はちらほら聞かれたが、薄さに不満の声を漏らすひとは少なかった。しかし、今回のリークされた情報ではMacBookAirはさらなる薄型化を遂げるという。
上の画像、右は従来のMacBookAir、左が新型のMacBook Stretchの薄さを比べた画像だ。これだけでも以下に新型MacBookAirが薄くなるか想像出来る。また薄型化に伴いさらなる軽量化も図られるそうだ。ノートPCの形をしていながら大きいタブレットを持ち歩く感覚と大差が無くなるかもしれない。

Google Ads

12インチなのに11インチモデルより小さくなる

新型MacBookAirのディスプレイサイズ比較画像
新型MacBookAirはディスプレイ以外の部分は極限まで削ぎ落としたボディになる。上画像は従来のMacと新型を並べたイメージなのだが、左側の従来の11インチMacBookAirと真ん中の新型MacBookAirを比較してみるとボディの大きさはほぼ同じのように見える。
しかしベゼル(画面の縁の幅)が狭くなる新型MacBookAirは11インチモデルほぼ同じ大きさにしてディスプレイサイズが大きくなっているのだ。そして前述したとおり、薄さと軽さはともに向上するので実質的11インチモデルより小さくなるのである。

キー同士の間隔が狭くなる

新型MacBookAir
新型MacBookAirは本体が小さくなるもののキーボードの操作性を損なうのを防ぐために、キーとキーの間の間隔がこれまでのモデルよりも若干狭くなるようです。これによりキー自体の大きさは維持できるのでタイピングのしやすさはこれまでと変わらず打てる。

スピーカーはキーボードの上部に4ヶ所搭載

新型MacBookAirのキーボード
キーボード上部に開いている4ヶ所のポツポツがスピーカーの役割と、排熱のための通気口の役割を担うようになっています。極限まで薄さを追求するために、冷却ファンは廃止するようです。

端子がイヤホンジャックとUSB「Type-C」の2つのみ

新型MacBookAirの端子
そして驚くべきはその端子の少なさ。薄さを追求するとなると、従来の形のUSB端子やMagSafe端子はやはり排除されるようです。新規格のUSB「Type-C」はApple独自のものではなくUSBの規格化団体USB IFが正式に策定した新規格なので今後その他のPCや電化製品に搭載されてくることが予想されます。
頑なにマイクロUSB端子を拒んできたAppleはLightningやThunderbolt、MagSafeなど独自の規格を製品に組み込んできましたがこの端子がどうなるか。今後非常に見ものです。
Type-CのUSBは規格上、「充電」「通信」「映像出力」を同時に行うことが可能とされています。なので、9To5Macでも「なにかしらハブ(ケーブルの分岐点をまとめた部品)的な製品を供給するだろう」と予想しています。このハブが供給されるならばType-CのUSB端子一つだけで「充電」「通信」「映像出力」が同時に出来る可能性も出てくるようです。

2015年半ばのWWDC2015で発表の可能性

WWDC2014
肝心の「発売日はいつか?」という疑問ですがAppleが毎年行うカンファレンス「WWDC 2015」で発表されその後に発売される可能性が高いと見られています。
WWDC2015は海外メディアで6月8日〜6月12日に行われると噂されており、そのとおり事がすすめばMacBookAirは2015年半ばに発売されると見てよいでしょう。

またディスプレイのRetina搭載については今回のリークでは触れられていなかったようです。

Google Ads