MacBook Air
マカーにとって期待がかかる3月9日。

とうとうAppleが開催するスペシャルイベント「Spring Forward」で4月にAppleからリリースされる製品の全貌が明らかになる。
spring forward

Google Ads

AppleWatch

確実にSpring Forwardで発表が期待でき、かつ目玉となるのがAppleWatch。

日本の公式Appleウェブサイトではいまだ正確な発売日は明記されていないものの、米国の公式Appleウェブサイトでは4月に発売と明記されており日本でも同時に発売される可能性は高い。
充電や新機能なども期待がかかるが、今回はAppleWatchではなく多くのMacBookユーザーにとって気になるMacBook Air12インチRetinaディスプレイモデルについてだ。

Google Ads

未だウワサのみ

MacBookProは高い、そして重い。
MacBookAirは画面解像度が低い、そして処理速度が優れているとはいえない。

しかし、レティナディスプレイを搭載した12インチのMacBook Airが発売されるなら多くのユーザーの需要を満たすことが出来る。私自身とても期待しているし発表されたら恐らく購入待ったなしの製品だ。

しかし、未だリーク情報も少なく全貌が掴みづらいMacBook Air12インチモデル。
既にインテルの最新型プロセッサ「BroadWell」を搭載するだろう、という情報は以前からあるもののプロセッサだけでは期待はずれというのが多くの人の正直な感想だろう。
そこかしこで上がっているリーク情報によると12インチ型のMacBook Airはこれまでより更に薄く、軽くなるという噂もある。

Related Post

MacBook Airはモデルチェンジのために在庫調整を以前から行っていたという話もあり、12インチモデルのリリースは期待できるが今回はAppleWatchにフィーチャーしているためパスされる可能性もあるだろう。
もしパスされた場合には、6月に開催されるAppleの年内で一番大きいカンファレンス「WWDC」で大々的にリリースされる可能性もある。

日本では3月10日の午前2時にSpring ForwardをAppleの公式サイトから生中継できるので気になる人は見逃せないぞ!

Google Ads